子ども向けの「三国志」比較してみました 

以前も小学生向けの三国志の本をこちらのブログで紹介したのですが、その後新しい本もいろいろ出ているようなので、比べてみました。

集英社みらい文庫版の「三国志」は、すべての漢字に振り仮名がふってあり、文章も短いので、小学生には読みやすいと思います。
アニメ風のイラストも、親しみやすい感じ。
今、子ども向けに三国志を買うならこのシリーズかな。

三国志1 (集英社みらい文庫)
三国志1 (集英社みらい文庫)神楽坂 淳 フカキ ショウコ

集英社 2011-04-05
売り上げランキング : 4737

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
三国志 2 (集英社みらい文庫) 三国志 3 (集英社みらい文庫) 三国志 5 完結編 (集英社みらい文庫) 三国志4 (集英社みらい文庫) すぐわかる! 三国志


Amazonで評判がいいのは、ポケットポプラ文庫版の「三国志」です。
振り仮名は、そのページに初めて出てきたときについています。同じページに2回目以降は、難しい人名も振り仮名なしです。(ページが変わるとまた降り仮名ふってあります)
イラストは大人っぽくてかっこいい感じだけど、古いと感じる人もいるかもしれません。

三国志 (1) (ポプラポケット文庫 (106-1))
三国志 (1) (ポプラポケット文庫 (106-1))三田村 信行 若菜 等

ポプラ社 2005-10
売り上げランキング : 243625

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
三国志〈2〉天下三分の計 (ポプラポケット文庫) 三国志〈3〉燃える長江 (ポプラポケット文庫) 三国志〈5〉五丈原の秋風 (ポプラポケット文庫) 三国志〈4〉三国ならび立つ (ポプラポケット文庫)

講談社青い鳥文庫版の「三国志」は、前にブログの記事を書いた時は、3巻までしか出ていませんでしたが、7巻まで完結したのですね。
青い鳥文庫は、いろんなシリーズがあって子どもたちが小学生のころ、たくさん読んでました。
三国志(1) ~飛龍の巻~ (講談社青い鳥文庫)
三国志(1) ~飛龍の巻~ (講談社青い鳥文庫)小沢 章友 山田 章博

講談社 2008-12-16
売り上げランキング : 57469

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
三国志(2) ~風雲の巻~ (講談社青い鳥文庫) 三国志(3) -激闘の巻- (講談社青い鳥文庫) 三国志(4) -火炎の巻- (講談社青い鳥文庫) 三国志(5) -大願の巻- (講談社青い鳥文庫) 三国志 6 流星の巻 (講談社青い鳥文庫)


もっと詳しく知りたい人には偕成社版「三国志」がおすすめ。
大人も楽しめるという評価です。
登場人物のイラストと説明が、巻頭にまとめてではなく、途中のページに載っているので、読んでいてイメージしやすいですね。

三国志(早わかりハンドブック付き)
三国志(早わかりハンドブック付き)佐竹 美保

偕成社 2005-04
売り上げランキング : 79912


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ふだんはゲームばかりしているお子さんが、「三国志」をきっかけに読書の楽しさにはまってくれると嬉しいですね!
ぜひ、親子で「三国志」を楽しんでください。

前に書いた記事はこちら↓
三国志関連本
「三国志」いろいろ~小学生、中学生向け

↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村



関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1574-4fdf986f