「電氣人間の虞」(詠坂雄二) 

詠坂 雄二の「電氣人間の虞」を読みました。
「世界が終わる前に BISビブリオバトル部」に登場していて読みたくなった本のうちの1冊です。

「名前を呼ぶと現れる」、「電気で人を殺す」、旧軍により作られる、という地域限定の都市伝説「電氣人間」について調べていた女子大生が突然死。
その後も事件が続き、調べ始めたライター柵馬朋康が最後に見つけた真相は?

ミステリというか、ホラーというか・・・
ネタバレになると困るので詳しくは語りませんが、これまで読んだことのない種類の小説でした。

前に読んだ「遠海事件」の登場人物がちょこっと出てきたのも楽しめたので、この作家さんの他の本も読んでみたいと思います。


電氣人間の虞 (光文社文庫)電氣人間の虞 (光文社文庫)
詠坂 雄二

光文社 2014-04-20
売り上げランキング : 61604

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



この本を読むきっかけになったのが、こちら「世界が終わる前に BISビブリオバトル部」。
このシリーズのおかげで読書の世界が広がりました。
世界が終わる前に BISビブリオバトル部世界が終わる前に BISビブリオバトル部
山本 弘

東京創元社 2016-02-29
売り上げランキング : 47650

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1586-4a566442