「サイレント・ブレス」(南 杏子) 

「サイレント・ブレス」を読みました。

大学病院の総合診療科に入局して10年目の水戸倫子は、教授から訪問クリニックへの異動を言い渡されます。
患者さんに丁寧に話をする倫子は、同僚からは要領がわるいと見られていました。

慣れない訪問クリニックの仕事を通し、倫子はそれまで想像したこともなかったような人々の生活や生き方に触れます。
がん末期の患者さんの部屋をたずねる怪しいスキンヘッドの男の正体は?
重い障害があるけれど一人暮らしを選んだ青年が、あの日ボランティアを断った理由。
亡くなったばかりの遺体が消えてしまう事件。
現役の医師が書いただけあって、在宅診療の様子をリアルに描きながら、事件や謎が解き明かされるという一粒で二度おいしい小説でした。おすすめです。

サイレント・ブレスサイレント・ブレス
南 杏子

幻冬舎 2016-09-08
売り上げランキング : 11081

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

  

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1607-69e2e0cf