「アウトプット・リーディング」(小林亮介) 

「アウトプット・リーディング」を読みました。
副題が「本から学んだことを血肉化する 新・読書テクニック!」とあり、ツイッターが最強のアウトプットツール、という内容でした。

仕事が忙しくてこなしきれない⇒勉強する暇がない⇒ますます忙しく余裕がなくなる、という負のスパイラルから、読書することにより脱却したという著者。ビジネス書を読み込むことにより、仕事を効率的にこなすことができるようになり、時間の余裕が生まれる、という上昇スパイラルができたといいます。

効率的な読書とは「インプット」の前に「アウトプット」を考えること。
ツイッターによるアウトプットがおすすめ。
スマホがあればいつでもアクセスできるという利便性と、140文字という文字数制限がお手軽。
他者からの意見ももらいやすい、チャンスがあれば著者ともつながれる、というメリットもあります。
ということで本の感想をツイッターでツイートする方法について丁寧に説明してある本でした。
長文を書きたいときはブログ、と使い分ければいいとのこと。

電子書籍のことがあまり書いていないと思ったら2010年の出版でした。
いまならkindleで読める本がたくさんありますから、読書の方法もだいぶ変わってきたように思います。

アウトプット・リーディングアウトプット・リーディング
小林 亮介

マガジンハウス 2010-10-21
売り上げランキング : 955607

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1613-b3f8e9e3