「ブラバン 」(津原泰水) 

津原 泰水の「たまさか人形堂それから」が面白かったので、今度は、「ブラバン」を読んでみました。

1980年、高校の吹奏楽部で過ごした青春時代。
それから四半世紀経って、楽器からも遠ざかっていた彼らが、仲間の一人の結婚式を機に再結成することになる。

高校時代に見えていたことと見えていなかったこと。
その後の幸せな人生や不幸せな人生。

音楽とともに、過去と現在を行ったり来たりする小説でした。
現役の高校生よりも、昔高校生だった人のほうが、味わい深く読めると思います。

ブラバン (新潮文庫)ブラバン (新潮文庫)
津原 泰水

新潮社 2009-10-28
売り上げランキング : 190344

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1623-29c5da18