「職場で出会うユニーク・パーソン: 発達障害の人たちと働くために」 

「職場で出会うユニーク・パーソン: 発達障害の人たちと働くために」を読みました。

精神科医であり、産業医として仕事をする著者らは、「発達障害」の人たちを職場の「困った人」ではなく、「ユニーク・パーソン」と捉え、どのようにしたら彼らが働きやすい環境になるかを探し出します。
元の職場では、能力が発揮できていたのに、異動したり、昇進して、本人も職場の周りの人たちも困った時、うまく行った対応法がいろいろ紹介されています。
病名ではなく、「孤高の匠くん」「魅惑のキューピッドちゃん」という表現で、彼らの特徴と対処法について述べていますのも興味深いです。
いろいろなケースの中には、受診をすすめられた部下ではなく、上司本人がユニーク・パーソンで、診察した医師もユニーク・パーソンだった、なんて例も。

ユニーク・パーソンが働きやすい職場は、普通の人々も働きやすい職場であること。多様な人たちが働きやすい職場や社会をこれから作っていこう、という前向きな締めくくりでした。

巻末には、「発達障害」についての説明や助けになる公的相談先も載っています。

職場で出会うユニーク・パーソン: 発達障害の人たちと働くために職場で出会うユニーク・パーソン: 発達障害の人たちと働くために
原 雄二郎 鄭 理香

誠信書房 2017-05-30
売り上げランキング : 64661

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1629-5a03dfab