FC2ブログ

「[臨機応変‼]日本で一番使える会議ファシリテーションの本」 

職場での会議のあり方に意見を言い続けていたら、次の会議の運営を任せる、と言われてしまいました。
あわててファシリテーションの本を読みなおしたり、新たに買ってきて読んだりしています。

今日読み終えたのが、「日本で一番使える会議ファシリテーションの本」です。
会議の準備から、仕切り方、困った時の対応の仕方、終わってからの評価や改善まで、具体的に書いてあり、とても参考になりました。

実際に使ってみようと思ったところを書き出しておきます。

〇参加者にも事前準備をさせる
・会議開催通知に会議のゴールとアジェンダを記述する。
・宿題は具体的、できれば定量的に支持する。たとえば、「○○について、意見を各自5個以上考えてくること」など。

〇参加者の意見を「翻訳」する。
・言い換えるのコツは、抽象のハシゴを上下すること。抽象的な発言は、「たとえば」と具体例をあげ、具体例を羅列した発言には、「要するに」や「つまり」と要約する。

〇「WHY」の使い方に注意する
・Whyの「なぜこの問題が起きたのか?」を「どうやっていればこの問題は起きなかったのか?」とHowに、「なぜこの計画が実現できなかったのか?」を「何に気を付けていれば、この計画が実現できていたのか?」とWhatに変換して問う。

〇「書き出しタイム」と「相談タイム」を活用する
・「書き出しタイム」:付箋紙にアイデアを書いてもらう。時間は5分、ノルマは最低3分。
・「相談タイム」:2~6人の少人数で、各グループで5個以上、考えてもらう。時間は10分で。
・二つを組み合わせる。グループ単位で「書き出しタイム」をやった後、「相談タイム」を設けてグループで議論させて絞り込み、そのあと全体で発表、さらに考えさせる。

〇会議の問題児への向き合い方
・会議の問題児を「深く考えようとする意識」と「他者への攻撃性」という2軸を用いて、「哲学者」「評論家」「不思議系」「暴君」の4つに分類。それぞれを、「会議の”ご意見番”」「ファシリテーターの”軍師”」「ブレストの”切り込み隊長”」「ファシリテーターの”後ろ盾”」に進化させるというアイディア。

〇盛り上がっているのに終了の時間が近づいて、まとまらない時は
・「あと5分集中して議論したら、意見を整理しませんか?」

〇ファシリテーションの文化を根付かせよう
・自分が一参加者の会議中、他者のファシリテーションを観察して、終わったら気づいたことをフィードバックする。もちろん、ネガティブではなくポジティブなフィードバックを行い、教えを請い、仲間にしていく。


職場でファシリテーションについての勉強会など開けたらいいなあ。
まず、その前に今度の会議の「段取り」を決めてしまわなくては!

[臨機応変‼]日本で一番使える会議ファシリテーションの本 (リンキオウヘンシリーズ)[臨機応変‼]日本で一番使える会議ファシリテーションの本 (リンキオウヘンシリーズ)
桑畑幸博

大和出版 2013-08-09
売り上げランキング : 296739

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1639-1a0a2aaa