消毒しないでキズを治す 

子どもはよく転んですりむいたり、やけどしたりしますよね?
そういう時、消毒して痛がらせたりしていませんか?

最近は、すりむき傷などは、消毒せずに水でよーく洗って、ラップを貼っておくと、痛くなく早くきれいに治ると言われています。
わが家でも、子どもたちのキズは、消毒なしで、ラップで治しています。
去年、牛くんがやけどをしたときも、ワセリンとラップで、きれいに治りました。
(なんでやけどをしたかは、かわいそうなので書きませんが・・・)

この治療法を提唱している夏井先生の新しい本が出ました。
『痛くない!早く治る!キズ・ヤケドは消毒してはいけない―「うるおい治療」のすすめ』です。
どうしてこの治療法がすぐれているのか、どういう時には病院に行った方がいいのか、など、いろいろ書いてあります。参考になりますよ。

痛くない!早く治る!キズ・ヤケドは消毒してはいけない―「うるおい治療」のすすめ痛くない!早く治る!キズ・ヤケドは消毒してはいけない―「うるおい治療」のすすめ
夏井 睦


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/164-9094c2a7