FC2ブログ

「医師は最善を尽くしているか――医療現場の常識を変えた11のエピソード」 

アトゥール・ガワンデ著「医師は最善を尽くしているか――医療現場の常識を変えた11のエピソード」を読みました。

著者はインド系アメリカ人の外科医。公衆衛生の分野でも活躍している。
第1部「勤勉さ」では、院内感染の問題、ポリオ撲滅のための掃討作戦、戦場での戦傷外科医たちの活躍が取り上げられている。
第2部「正しく行う」では、異性の診察に立ち合いが必要か(国によって考えが異なる)、医療裁判(医師出身の弁護士の立場)、医師の給料、そして死刑執行室の医師、延命治療など、倫理的な問題も含めて様々な考えが提示される。
第3部「工夫」は、「アプガースコア」により新生児医療が大きく進歩したこと、病院の評価について、あきらめないこと、が描かれる。

医学の歴史と、倫理や科学を、ストーリーを交えて語っているので、読んでいて面白い。
いろんな考え方が紹介されているので、医療系の大学を目指す人は小論文対策にもなるのでは。

一番印象に残ったのは、「ポジティブな逸脱」という言葉。
子どもの栄養失調を援助するプログラムの報告によると、外部から解決法を持ち込んでも成功しない。たとえば、栄養失調の子どもの住む村に行って、外部の者が栄養価の高い食物の入手法、などをいくら教えても、村の親たちは変わらない。これを、方向を変え、貧しい村の人々を集め、どの親の子どもが一番、栄養が行き届いているかを教えてもらう。そのような親を正常からの「ポジティブな逸脱」と呼び、その子どもの母親の家を訪ねて、どのような食べさせ方をしているか、見てもらうようにした、というのである。
その家の母親は、村人からみて常識外れのこと(たとえば下痢しているときにも食べさせる、とかご飯にサツマイモの葉を添える、など)をしていた。このやり方が徐々に広まると栄養状態が改善した、という話。
「このようにせよ」と命じるのではなく、相手がすでに持っている能力の上に積み上げていく、というアイデアである。
これを院内感染対策のためのアプローチに取り入れてみたら、さまざまなアイディアが湧き出てきた、とのこと。
自分の職場など、いろんな場面で使えるかもしれない。
たとえば、残業を減らすために、仕事を効率よくするアイディアをみんなで共有するとか。

医師は最善を尽くしているか――医療現場の常識を変えた11のエピソード医師は最善を尽くしているか――医療現場の常識を変えた11のエピソード
アトゥール・ガワンデ 原井 宏明

みすず書房 2013-07-20
売り上げランキング : 201753

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


同じ著者による「アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】」もおすすめ。
医療系以外の人にも役立つ。
アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】アナタはなぜチェックリストを使わないのか?【ミスを最大限に減らしベストの決断力を持つ!】
アトゥール ガワンデ 吉田 竜

晋遊舎 2011-06-18
売り上げランキング : 3925

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1655-634412bc