FC2ブログ

「猫の傀儡(くぐつ)」(西條 奈加) 

西條 奈加「猫の傀儡(くぐつ)」を読みました。

江戸の町の中でも、猫が多く住み「猫町」と呼ばれる町で、新たに傀儡師に任命された猫の「ミスジ」。
傀儡子は傀儡とされた人間を操り、猫たちが巻き込まれた事件を解決していきます。
ミスジが使う傀儡は、売れない狂言作家の阿次郎。長屋で貧乏暮らしですが、実は商家の次男坊。暇で、好奇心旺盛で、猫が好き、という傀儡の条件を満たしていました。

ミスジと阿次郎のコンビが、力を合わせて、濡れ衣を着せられた猫や人を助けたり、行方不明になった人を探し出したりするのです。
このコンビの物語、もっと読みたいですね。
ドラマ化しても面白いかも。

猫の傀儡(くぐつ)猫の傀儡(くぐつ)
西條 奈加

光文社 2017-05-17
売り上げランキング : 156420

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1656-7b78c9db