FC2ブログ

「鬼速PDCA」(冨田 和成) 

「鬼速PDCA」を読みました。

PDCAというのは、よく聞く言葉ですが、具体的にどうするのか、よくわかりませんでした。
この本でのPDCAは、前進を続けるためのフレームワークであり、成長を加速するものということ。
以下、印象に残った部分をところどころ記録しておきます。

PLAN(計画)において気を付けることは、明確にゴールを決めること。
KGI(key goal indicator)という言葉で表現されているように、ゴールを数値で示す。期日を決め、具体的なもので、定量化する。
現状とのギャップを明らかにし、課題をリストアップしたら、課題を「インパクト」、「時間」、「気軽さ」で優先順位をつけ、3つ選ぶ。
この時、インパクトのもっとも高いものを最低ひとつ選び、インパクトが劣っていても短い時間で出来そうなものがあれば選ぶ。同列の課題が並んでいたら、気軽さを基準にして絞り込む。
一方、それぞれの課題に対し解決案を考え、それを絞り込むときにも「インパクト」「時間」「気軽さ」での3つの基準で優先度をつけていくが、課題の絞り込みをは異なり、最重要KPI(key performance indicator)の達成につながる解決案については最低1つ、できれば2つ残すこと。それ以外についてもできればインパクト重視で解決案を一つは残す。短時間でおわるものについてはインパクトが弱くても残す。

案を出すときにはリミッターをはずす質問をよくするという。
相談をもちかけた部下に「ほかにできることがあるとしたらどういうことだと思う?」と問いかけ、相手が3つくらい解決案を挙げてきたら、「じゃあ、さらに3つあるとしたらなんだろう?」と続けて聞く。
あるいは「事態は把握した。で、仮に君が当社の経営者だとしたらどう対応する?」という質問も。
コーチングの手法についても使えるという。

3章では、PDCAの速さと深さは因数分解で決まる、として、ロジックツリーが紹介されている。
なぜ、なぜで深堀するときの深さの基準は5段目。
ポイントとして1段目だけはMECEを徹底する。この段階で「抜け」が発生すると、その下位に来るすべての課題が検討対象から外れてしまうため。
この辺は参考にしたい。

他に面白いと思ったのは、TODOリストを見直して、優先度が低くなかなか着手できなかったものは「アイスボックス」に入れる、という。「いつかはやるけど、いまやることではないタスク」、いつか食べるけど今日ではないから冷凍庫にいれておこう、という発想。
GTDでの「いつかやる/あとでやる」というのをこう表現するんですね!
時々はアイスボックスを開けて、点検するのを忘れないようにするのは、冷凍庫と一緒(笑)


鬼速PDCA鬼速PDCA
冨田 和成

クロスメディア・パブリッシング(インプレス) 2016-10-24
売り上げランキング : 1125

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 
↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1657-5bcba81a