FC2ブログ

「その言い方が人を怒らせる――ことばの危機管理術」(ちくま新書) 

 「その言い方が人を怒らせる―ことばの危機管理術 」(ちくま新書)を読みました。
この前参加した研修の講師に紹介されたのがきっかけです。

 言語学のなかでも特に新たな領域として注目を浴びている「語用論」が元になっています。
まずい文例を多く取り上げ、会話の行き違いの理由を説明しています。

 「この件につきまして謝罪いたします」のように余計な「は」があることで、別の解釈が可能になり、聞き手を不愉快にしてしまうことがありますが、このような「は」をどうして使ってしまうのか、について考察しています。
人前で話すときには丁寧に話すように文体をコントロールしているが、この時、省略を復元し、なるべく丁寧に表現しようという意識が、補う必要のない「は」を補わせた、ということ。
短くて簡潔な言い方は、「ぶっきらぼう」に感じられるため、文を早めに閉じることに対する心理的な抵抗によるものだそうです。

 他には、「空気を読む」の空気を「場の持っている空気」と「人が作り出す空気」の二つに分けて考えてみたり、「ロゴス」と「パトス」についても述べられています。

 ことばを学問として扱うだけあって、「日本人」のあとに、カッコづけで(正確には日本語を母語にして日本語の共同体で生活している人たちというべきだが、まだるこしくなるので簡略に記すことをお許し願いたい)と断り書きをしているところが、印象に残りました。

その言い方が人を怒らせる―ことばの危機管理術 (ちくま新書)その言い方が人を怒らせる―ことばの危機管理術 (ちくま新書)
加藤 重広

筑摩書房 2009-11-01
売り上げランキング : 62816

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1679-3b28bbec