FC2ブログ

「記憶をあやつる」(井ノ口 馨) 

角川選書「記憶をあやつる」を読みました。

 脳研究の歴史の話から始まり、脳に関する基礎知識、記憶の仕組み、連合する記憶など、脳科学の最新の知見と記憶について詳細にかつわかりやすく解説した本です。
特に最後の章の「記憶研究のフロンティア」のところは、メモしておきたい所がたくさんありました。
そのうちのいくつかをブログに記録しておきます。

●神経細胞の自然発火
何かを考えたり記憶しようとしたりするときには、脳内の特定の部位の神経細胞集団の動きが活発となる。一方、ただ単にぼーっとしている時のほうが、活動が高くなる部位がある。普段は使っていない場所を活性化することで、新しい情報入力や記憶の連合に備えている可能性がある。画期的な着想やこれまでにないアイデアを思いつくのは、そういう時ではないか。
⇒一見無駄に見えるリラックスタイムを設けた方が生産性が上がるのでは。

●記憶は脳の中を移動する
「海馬」は記憶の中枢だが、長期記憶となった記憶は一定の期間が過ぎれば、脳の他の場所に移動させ、海馬からは消し去られる。海馬で生まれる新しい細胞が、海馬から記憶を消去する役割を負っている。
パソコンのハードディスクがいっぱいになると、残しておくべきデータはバックアップ用のハードディスクなどに移して、本体の作業所パソコンからは消去するという作業と一緒。
年をとると、神経再生の能力も落ちるので、海馬がパンク状態になって、新しい情報が来てもそこに書き込めない。容量一杯に近いハードディスクのような状態。
データを転送するのは、ノンレム睡眠の役割なので、睡眠不足は記憶にとって有害。

●記憶はなぜ曖昧になるのか
新しい記憶と古い記憶は、海馬と大脳皮質とに分けて保存されている。
「記憶は思い出すと不安定になる」という論文が発表されている。記憶は、長期記憶になっても、思い出すといったん不安定化して、その後再固定化というプロセスを経て、また元の記憶に戻る。
このことは、新しい知識の形成には役立つが、古い記憶は曖昧になっていく。

脳と記憶、まだまだ分からないことも多い分野で、今後どんな発見があるのか、楽しみです。



↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1689-39ae0b3d