FC2ブログ

「精神科医が実践する デジタルに頼らない 効率高速仕事術」 

今日は、「精神科医が実践する デジタルに頼らない 効率高速仕事術」をご紹介します。

著者の井原裕氏は、現役の医学部の教授。序章では、「知られざる『白い巨塔』の日常」として、大学教授の仕事について紹介しています。医師としての診療業務に加え、大学病院ですから、研究や教育、そして教授となればそこに管理職のしての役割=雑務を大量に抱えています。
これらの業務をどのように工夫しているかが、この本の中に詰まっています。

第1章「発想の管理~5秒以内に手帳に書き留める」
発想はいつ浮かんでくるかわからない。偶然のタイミングで浮かんできたアイデアは、優れたものが多い。
毎日A6の文庫本サイズのノートにペンを挟んで持ち歩き、時系列で書いていく。
頭の中から追い払うために書く。
すきま時間に処理できる書類を手提げ袋に入れて持ち歩き、会議が始まるまでの5分程度でできる範囲の書類を処理する。
手帳は2,3週間で1冊使い切るので、そのタイミングで、未処理案件の全体を確認する。

第2章 書類の管理 ~修正型『超』整理法を活用する
書類の整理は、見出しを付けて袋に入れる。袋は、キャビネットに入れて施錠管理。この辺りは、個人情報や事件の情報を扱う精神科医ならでは、ですね。
「超」整理法で、新しい書類が手前、古い書類が奥になっているので、どれが使っていない書類かは一目瞭然。古い書類は週1回、定期的に点検して破棄しているそうです。

第3章 時間の管理 ~睡眠を時間管理の中心に置く
体調管理には睡眠時間の管理が大切として、昼寝の大切さについて説いています。
夜の睡眠の質のためには、運動が大事、とのこと。

デジタルを使わずにたくさんの仕事を管理するやり方。1冊の手帳にアイデアや頼まれたことなどなんでもメモして、一日に何回も見る。教授になるような人は、こうやって多くの仕事を管理しているのですね。見習おうっと。

精神科医が実践する デジタルに頼らない 効率高速仕事術
井原 裕
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2019-07-26)
売り上げランキング: 136,259


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村 
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/1729-76451bd4