小学生と国語辞典 

国語辞典に関して、コメントをもらったので、「小学校1年で国語辞典を使えるようにする30の方法」という本をご紹介します。
低学年の子どもたちに、国語辞典を活用する実践を行った小学校の教師の記録です。小学1年生の子どもたちが、最も国語辞典に関心を持ち、目を見張るような使い方をしたのだそうです。
子どもたちが国語辞典に親しむためのアイデアとして、以下のようなことが載っています。
・「愛用」の国語辞典を持たせる
・「ルビ付き」の国語辞典を用いる
・いつも身近に置かせる(ケースとカバーはとらせ、机の上に置く)
・調べた言葉には付箋(ポストイット)を貼る。
・付箋にあらかじめ通し番号を付けておき、どのくらい調べたかわかるようにする。

国語辞典を通して、子どもたちが語句の意味を調べるだけではなく、好奇心をもっていろいろなことを調べていった様子が報告されています。
学校の先生向けの本ですが、そうでない人が読んでも面白かったです。

4186983003小学校1年で国語辞典を使えるようにする30の方法 (楽しいクラスづくりフレッシュ文庫)
明治図書出版 1998-04

by G-Tools


これを読んで、子どもたちには、学校用と家庭用に小学生向けの国語辞典をそろえてあげました。
4053017920新レインボー小学国語辞典
学習研究社 2005-03

by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
関連記事

コメント

早速のご紹介ありがとうございます。
実は、漢和辞典が先か国語辞典が先かと、悩んでいました。漢字の書き順も載っている国語辞典なんてあるのかしら?
ルビ付きの辞書を選ぶのは、ポイントですねー。
辞書選びで、同じ言葉の意味を複数の辞書で引いてみるといったことをしたことがあります。同じことを言っているのに、自分にしっくりくるのとこないのとがあって、面白かったです。
わが子の辞書デビュー。どれがいいか探してみますね。

KABAさん、こんにちは。
新レインボー小学国語辞典には、教育漢字の筆順載ってますよ。他の国語辞典も小学生用のものは、筆順が載っていることがおおいようです。探してみてください。
同じ言葉を違う辞書でひいてみて、しっくりするものに決める、というのはいい方法かもしれませんね。

辞書を引く競争というのを、子どもとしたことがあります。どの言葉にするかは交互に決めて、大人は広辞苑などの分厚い辞書にするといいようです。ゲーム感覚で、辞書を引くのが早くなりますので、買ったら試してみてください。

漢字辞典は、字の成り立ちなどが載っていて、面白いです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/189-a16fe27a

★小学校1年で国語辞典を使えるようにする30の方法

小学校1年で国語辞典を使えるようにする30の方法 (楽しいクラスづくりフレッシュ文庫)作者: 深谷 圭助出版社/メーカー: 明治図書出版発売日: 1998/04メディア: 単行本 小学校1年で国語辞典を使えるようにする30の方法 小学1年の子どもが、自分で国語辞典を使って、 どん...

  • [2010/05/26 16:37]
  • URL |
  • 低学年にオススメの家庭学習 |
  • TOP ▲