飯田 譲治「アナン、」 

夏休みに入ったばかりの頃、読書感想文どうする?と中学生の娘と話していたら、「『アナン、』はどうかなぁ?」と題名があがった。
私が先に読んで、面白かったと言ったら、彼女も読み始めた本。1学期に読んだ本の中で、強く印象に残っていたのがこの本らしい。

飯田 譲治、梓 河人著の「アナン、」は、記憶喪失のホームレス「流(ながれ)」が拾った赤ん坊「アナン」の物語。アナンは、周りの人の悲しみを浄化する不思議な能力を持っていた。

読み終えてからしばらく経つのに、登場人物のそれぞれが、強い印象を残している。ホームレスのギリ子や電波青年、町に移り住んでから出会いアナンを支える千草や鞠絵、亀之助・・・
アナンの製作したモザイクの作品たちを、この目で見てみたい、という思いも捨てきれない。

ファンタジーという分野には好き嫌いがあるかもしれない。だが、「面白い小説」という意味では、この作品は一級品である。

夏休みの読書におすすめの1冊。

アナン、(上)アナン、(上)
飯田 譲治 梓 河人

by G-Tools

アナン、(下)アナン、(下)
飯田 譲治 梓 河人

by G-Tools

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/19-57e24b33