「私が売られた日」(ジュリアス レスター ) 

中学2年の娘が、学校の図書館で借りて読んだ本。
アメリカに奴隷制度があった時代を舞台に、奴隷市などが出てくる話。
「話が飛び飛びなんだよね」というから、どういうことかと思ったら、戯曲なので、場面と場面の間で、話が飛ぶということのようだ。
よい話だったらしく、登場人物のことや、ストーリーをいろいろ話してくれた。

以前に「イクバルの闘い」のような児童労働に関する本を読んだことがある娘には、とっつきやすい話だったのかもしれない。
中学生におすすめの1冊。

私が売られた日私が売られた日
金 利光 Julius Lester


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/191-e2d03d33