雪の日におすすめの絵本 

雪の降る日におすすめの絵本を2冊。
どちらもゆうびんやさんが出てきます。

「ゆきのひの ゆうびんやさん」(こいで たん)は、ねずみの兄弟が主人公。
風邪をひいてしまった郵便配達のうさぎの代わりにねずみたちが、郵便(小包)を届けに向かいます。
ところが、外は大雪。無事に郵便を届けることができるのでしょうか。
優しい感じの絵と心温まるストーリーが好きです。

ゆきのひの ゆうびんやさん (幼児絵本シリーズ)ゆきのひの ゆうびんやさん (幼児絵本シリーズ)
こいで たん

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「ゆきのひのホネホネさん」(にしむら あつこ)は、「ゆうびんやさんのホネホネさん (こどものとも傑作集)」のシリーズの1冊。
こちらのゆうびんやさんは、がい骨のホネホネさん。夏にはギコギコキーッと自転車で配達していましたが、雪の日には、ザクザクシューッとスキーをはいて配ります。
どんな人たちにどんな郵便を届けるのか、ページをめくるのが楽しみです。
ホネホネさんは、がい骨だけど、全然怖くないんですよ。
ゆきのひのホネホネさん (こどものとも傑作集)ゆきのひのホネホネさん (こどものとも傑作集)
にしむら あつこ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「ゆうびんやさんのホネホネさん 」はこちら。
ゆうびんやさんのホネホネさん (こどものとも傑作集)ゆうびんやさんのホネホネさん (こどものとも傑作集)
にしむら あつこ

福音館書店 2003-04-10
売り上げランキング : 197031

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
関連記事

コメント

懐かしいです

ねずみ達が運んでいたのはリンゴではなかったでしょうか?雪に埋もれたリンゴの数を子供と数えました。拾い忘れているリンゴがとっても気になったものです。

えぞももんがさん、
コメントありがとうございます。
ご指摘の通り、ねずみたちが運んでいたのは、リンゴの入った小包でしたね。
リンゴは全部届けられなかったけれど、やさしく迎えてもらってよかった、と思いました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/204-e9ad097a