【絵本】「ぽとんぽとんはなんのおと」 

ぽとんぽとんはなんのおと」は、春におすすめの絵本

冬ごもりの穴の中で生まれ、外の世界をまだ知らない熊の坊やがお母さんにたずねます。
「ぽとんぽとんってなんのおと?」
お母さんはやさしくこたえます。
少しずつ訪れる春を待つ、親子の会話に、心が暖まる絵本です。

文章は、「くまのこウーフ」でおなじみの神沢利子さんです。

ぽとんぽとんはなんのおと (こどものとも傑作集 (71))ぽとんぽとんはなんのおと (こどものとも傑作集 (71))
神沢 利子 平山 英三


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
関連記事

コメント

大好きです

春を待つ喜びが・・・
お母さんぐまの表情もいいですよね
私も大好きな絵本です

ご訪問ありがとうございました
またおじゃまさせていただきますね

かよりんさん、
コメントありがとうございます。
派手さはないけれど、優しいタッチの絵がいいですよね。

これからもどうぞよろしく。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/244-54164f05