FC2ブログ

「空飛ぶタイヤ」池井戸 潤 

池井戸潤「空飛ぶタイヤ」、いくつかのブログで、この本が紹介されていたので、読んでみた。
題名や表紙からはファンタジーかと思わせるが、実際は骨太の企業小説。
某社のリコール隠しを題材に、企業と人間を描く。

小規模の運送会社のトレーラーのタイヤが走行中に脱落し、歩行者を直撃、死亡事故が起きた。
業務上過失致死で家宅捜索を受けた運送会社は、仕事を断られ、銀行からは融資を引き上げられ、危機的状況に置かれる。
事故原因について、財閥系列のホープ自動車では「整備不良」と簡単に片づけたが、本当にそうなのか。ほかにも同様の事故があったことを知った赤松社長は・・・。

事故後に起きた子どもたちのいじめや、PTAでのトラブル。
それらも地道に解決しながら、会社を守り、事故の真実を追求していく。

一方で、「財閥の常識、世間の非常識」という大企業の腐った内情が暴露されていく。
週刊誌と大企業の関係も描かれていて興味深かった。

長編だけれど、作者の熱のこもった文章に、思わず赤松社長を応援しながら一気読みしてしまった。

4408534986空飛ぶタイヤ
実業之日本社 2006-09-15

by G-Tools


文庫判もでました。(2009年11月1日追記)
4062764520空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)
講談社 2009-09-15

by G-Tools


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/246-2d05c56b

「空飛ぶタイヤ」池井戸潤

空飛ぶタイヤ 池井戸 潤 大型トレーラーのタイヤが突如外れ、歩道を歩いていた子連れの主婦を直撃した。大型トレーラーをを製造した会社の調査によれば所有していた運送会社の整備不良が事故の原因らしい。運送会社に業務上過失致死容疑の捜査が入る。トレーラーの製