「ラットマン」道尾秀介 

前評判が高い本、というのは、読んでみてがっかりすることもあります。
期待しすぎてがっかり、という場合もあるし、ミステリだったら、事前の情報で犯人がわかってしまうというパターンも。
わたしの場合、クリスティの「アクロイド殺人事件 (新潮文庫)」は後者で、意外な犯人という触れ込みで、読んでいて一番意外な犯人はこの人かな、と思ったらあたっていたので、ラストの衝撃を味わえず、残念だったのをおぼえています。

この「ラットマン」も、多くのブログで「だまされた!」という感想があげられており、どうかな??と思いながら、読んだのですが・・・

やっぱり騙されました!!

これから読む人のために、これ以上は書かないでおきます。

4334925936ラットマン
道尾 秀介
光文社 2008-01-22

by G-Tools


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

2010年7月文庫化されました。

4334748074ラットマン (光文社文庫)
道尾 秀介
光文社 2010-07-08

by G-Tools

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/262-35cf3ea7

「ラットマン」道尾秀介

ラットマン 道尾 秀介 JUGEMテーマ:読書 姫川は30歳。アマチュアバンドでギターを担当している。幼いころに姉と父を奇妙な状況の中で亡くし、それ以降母とも疎遠になっている。高校時代に同級生と始めたバンドは結成14年目。バンドのメンバーはベースの谷尾、ヴ...

ラットマン  道尾秀介

なるほど『ラットマン』。これは道尾さんの書く小説を象徴するような言葉ですね。それだけで見れば、ネズミにもオジサンにも見える絵。それが他の動物の絵と並べばもうネズミにしか見えないし、人の顔と並べばもうオジサンにしか見えない。まさに、人の思い込みを巧みに利...

  • [2008/04/13 23:15]
  • URL |
  • 今更なんですがの本の話 |
  • TOP ▲

ラットマン 道尾秀介

装幀は板野公一。装画は牧野千穂。初出『ジャーロ』。ラットマンとは並び方でネズミにも人間にも見える絵のこと。 主人公の姫川亮は30歳...

道尾秀介『ラットマン』

事故なのか...殺人なのか?

  • [2008/04/14 21:26]
  • URL |
  • 待ち合わせは本屋さんで |
  • TOP ▲

ラットマン

ラットマン 道尾 秀介 心理学の用語「ラットマン」を標題にした本作は、どんな感じのものなんだろうと少し興味を持っていた。 人間が何かを認識するときに、その前後の情報が大きく影響するということ。 途中までは、この標題と書かれている内容との関係がつかめな