「先生と僕」(坂木 司) 

坂木司の本は初めて読みました。「先生と僕」は、題名からはわからないけれど、ミステリーなのでした。
主人公の「僕」こと、伊藤二葉くんは、殺人事件が出てくる小説は怖くて読めない臆病な大学生。一度見ただけで記憶できるという特技をもっています。
一方の「先生」は、ミステリーにやたら詳しい中学生。偽装家庭教師を探していて、「僕」と出会います。
この二人が、書店やカラオケ店、プールなどの身近な場所で出会った「なぞ」を解き明かしていくという短編集です。

中学生の読書にもおすすめなので、早く文庫化されるといいですね。

先生と僕先生と僕
坂木 司

双葉社 2007-12
売り上げランキング : 50395

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ミステリーの「先生」とされている中学生が、毎回事件のあとに、宿題として紹介するのは、少し古いけど読みやすくて、あまり怖くないミステリーの文庫本。
今度、牛くんに紹介しようと思っていた「黒後家蜘蛛の会」も紹介されていて、なんだか嬉しくなってしまいました。
黒後家蜘蛛の会 1 (創元推理文庫 167-1)黒後家蜘蛛の会 1 (創元推理文庫 167-1)
アイザック・アシモフ 池 央耿

東京創元社 1976-12-24
売り上げランキング : 24242

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

<2011年12月3日追記>
まもなく文庫が発売されます。

先生と僕 (双葉文庫)先生と僕 (双葉文庫)
坂木 司

双葉社 2011-12-14
売り上げランキング : 50471

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

コメント

おじゃまします

初コメさせていただきます♪

実は・・・先ほど牛くんの母さんからのコメントを大量のスパムコメントと
一緒に誤って削除してしまって、かなりショックを受けております(泣)
(選択削除したつもりなんですが・・)
もしよかったらまたコメントを残していって下さい。

坂木司さんの著書は引きこもりの友人が事件を解決していくシリーズを
読んだことがあります。

この本は気になったので図書館で借りて読んでみますネ♪

オリーブさん、こんばんは。
コメントの件、了解です。
スパムコメントの削除、私もドキドキしながら削除していますので、お気持ちわかります。
気にしないでまた遊びに来てください。

坂木司さんの別シリーズ、未読面白いのかな??

こんにちは 牛くんの母さん♪

私が読んだシリーズは僕こと坂木司が、めったに外出しない引きこもり気味の友人の
助手になって事件を解決するシリーズだったと思います(汗)

私もかなり内容がうろ覚えなのでまた再読してみます
(「先生と僕」は貸し出し中だったので予約しました♪)

ではでは

『青空の卵』『仔羊の巣』『動物園の鳥』の3冊が、坂木司の引きこもりシリーズですね。
文庫化もされているので、機会があったら読んでみたいと思います。

牛くんの母さんこんばんわー

坂木先生!
「コージー・ミステリー」
(日常の謎を主体にしたミステリ)
ですねー。
もちろんヘタレも大好きです(笑)

「ひきこもり探偵シリーズ」は
坂木先生のデビュー作ですよ。

他にも歯医者を舞台にした「シンデレラ・ティース」や沖縄のホテルが舞台の「ホテル・ジューシー」など、
さまざまな仕事の中で起きる日常の謎を解いていくものがあります。

ヘタレオオカミさん、こんばんは。
もう旅行から帰ってきたのですか?
(旅行記、楽しく読ませてもらってます)

ひきこもり探偵シリーズのほかにも、いろいろ書いているのですね。機会があったら読んでみます。ご紹介ありがとうございました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/265-172f3ab4

「先生と僕」 坂木司

この本は表紙がいいです。「引きこもり三部作」もよかったけど、こっちの方が気に入りました。 先生と僕(2007/12)坂木 司商品詳細を見る 怖が...

  • [2008/04/22 11:10]
  • URL |
  • 乱読にもほどがあるッ! |
  • TOP ▲

「先生と僕」 坂木司著

―内容(「BOOK」データベースより)― 「先生と僕」―2人が向かった書店でみかけたもの…?「消えた歌声」―推理小説研究会の仲間と行ったカラオケで…?「逃げ水のいるプール」―区民プールで働くクラスメートが…?「額縁の裏」―繁華街で無料の展覧会に誘われたら…...

  • [2008/09/19 13:05]
  • URL |
  • とにかく読書。 |
  • TOP ▲

「先生とぼく」/坂木 司

「先生とぼく」/坂木 司 坂木氏の小説は先日「和菓子のアン」を読んだばかり。他にも「ウィンター・ホリデー」、「ワーキング・ホリデー、ホテル・ジューシー」等、いくつか読んでいるが、結構アルバイトをする主人公の日常とその成長を描いていることが多いと思う。...

  • [2014/02/26 08:16]
  • URL |
  • 京の昼寝〜♪ |
  • TOP ▲