「レインツリーの国」有川浩 

有川浩さんの本、次々読んでます。
今回読んだのは「レインツリーの国」。

青春時代に読んだ忘れられない本。感想をネットで探してみたら、同じ本に同じように感動した人のブログを発見。メールを出すことから始まった恋。
会ってみて初めてわかった障害。それは乗り越えられるのでしょうか・・・。

本書は「図書館内乱」の中に登場する本の実物、ということですが、「図書館内乱」をまだ読んでいない私でも十分楽しめました。

実は、この本の内容は知らずに、作者名だけで読み始めたので、第2章のタイトル「・・・重量オーバーだったんですね」を見て、会ってみたら重量オーバーだったのかな、なんて予想してしまって(^_^;)(^_^;)でした。

あとがきの自衛隊ネタでは、笑わせてもらいました。

4103018712レインツリーの国
新潮社 2006-09-28

by G-Tools

↓こちらは文庫版(2009年10月追記)
4101276315レインツリーの国 (新潮文庫 あ 62-1)
新潮社 2009-06-27

by G-Tools



↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

この本を読んでいて、パソコン通信で知り合った友人のことを思い出しました。
彼女も聴覚障害者。
タイピングの速さではだれにも負けない彼女は、チャットでは、自由自在に言葉をあやつり、人気者でした。
しばらく会っていないけれど、元気にしてるかな?

関連記事

コメント

図書館内乱→レインツリーの国→妖精作戦

ベタ甘とは一味ちがった恋愛小説で、やりきれなさ、切なさが漂う物語でした。

レインツリーの国の作中作、「フェアリーゲーム」には「妖精作戦」モデルとなった小説があるそうです。
作中作がどんどんリンクしていって、読書の環が広がってゆくのって楽しいですね( ̄▽ ̄)

日月さん、
コメントありがとうございます。
「レインツリーの国」もいい小説でしたね。
「フェアリーゲーム」のモデルとなった小説があるんですか! 知りませんでした。
なんだか読んでみたくなりました。

はじめまして。

はじめまして。小夜(さや)と申します。
日月さんのブログからお邪魔させていただきました。

この『レインツリーの国』、切なくて大好きです。

これからも度々お邪魔させていただきます。どうかよろしくお願いいたします。

小夜さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

私も「レインツリーの国」大好きです。
二人が少しずつ理解しあえていく過程がいいですよね。

では、これからもよろしくお願いします。

牛君の母さん、こんにちは。

今、有川浩の『レインツリーの国』を読んでいます。
まだ途中で、「・・・・重量オーバーだったんですね」を読んだところです。
目次の書き方が独特で、目次を読んだだけだと、勝手な想像をふくらませてしまいます。
私も牛君の母さんと同じようなことを考えましたよv-398

これから伸行とひとみがどうやって理解しあっていくのか、楽しみです。

すももさんへ

すももさん、こんばんは~。
「レインツリーの国」、有川浩にしか書けない作品ですね!個人的にもいろいろ思い入れのある作品です。読み返したくなっちゃいました。

「図書館戦争」シリーズはもうお読みですか?こちらもとっても面白いですよ。機会があったら読んでみてくださいね。

牛君の母さん、返信ありがとうございます。

有川浩の作品は、まだまだ初心者です。
『レインツリーの国』が初めてで・・・牛君の母さんのブログに有川浩の作品がいくつか紹介されていたのをきっかけに読み始めました。

『図書館戦争』も興味を持っています。
また読んでみようかな・・・お勧めをありがとうございました。

すももさんへ

すももさん、こんばんは~。
コメントありがとうございます。

有川浩さんは、恋愛小説を書かせたら最強です!最近のでは、「植物図鑑」がよかったですし、「クジラの彼」などの自衛隊シリーズも、恋愛ものとしては、甘いのなんのって。

「図書館戦争」は、シリーズで結構長いので、はまると大変です。長いお休みの時とか、時間のある時にじっくりどうぞ(^_^)

TBありがとうございます。
今年はほんと有川作品にどっぷりはまりました^^
あ~「シアター!」も買わねば!!
有川作品はずれがないですよね。
いつも期待どおりなのが嬉しいです。すごい力だと思います。

「図書館戦争」シリーズはまだ手をつけず温存してるのですが・・
(文庫になってから読もうと)でも・・待てないかも!!

有川浩は・・・

るるる☆さん、こんばんは~。
有川浩、はまりますよね(笑)
新刊、発売になったばかりなんですね。情報ありがとうございます。さっそく注文します。

「図書館戦争」、そういえばまだ文庫化しませんね。そろそろですかね? でも、一気に文庫化はないだろうし、一冊読んだら、次が待ちきれないかもしれませんよ。
文庫化したら、再読しようっと。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/286-929d18f5

レインツリーの国/有川浩

 きっかけは「忘れられない本」。 そこから始まったメールの交換。 しかし、かたくなに会うのを拒む彼女には、ある理由があった…。 メディアワークス刊「図書館内乱」の中に登場する書籍「レインツリーの国」が実物となった。(「MARC」データベースより)   「図...

  • [2008/06/02 12:38]
  • URL |
  • Crescent Moon |
  • TOP ▲

「レインツリーの国」 有川浩

ひさびさに、本で泣かされました。「レインツリーの国」 ドキドキして、切なくて、読んだあと真剣に主人公達の幸せを祈らずにはいられない。 もともとは図書館戦争シリーズ・「図書館内乱」内にタイトルだけ登場していた架空の本。 この架空の本が命を吹き込まれ、実...

  • [2008/08/27 00:52]
  • URL |
  • 日々の書付 |
  • TOP ▲

【レインツリーの国】 有川浩 著

あたりまえ… 他人にとってはあたりまえでも、自分にとっては違う。 でも自分ではあたりまえと思っていたことも、他人には違う。   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:] あなたを想う気持ちに嘘はない。でも、会うこ...

  • [2008/08/29 19:49]
  • URL |
  • じゅずじの旦那 |
  • TOP ▲

読書記~有川浩『レインツリーの国』

伸行は、学生時代に読んでいた小説『フェアリーゲーム』の感想の検索をし、サイト『レインツリーの国』へたどりつく。 伸行は、管理人・ひとみの書いた内容に感想を送り、二人は好意を持つようになり、会うことになるが…。