飯田譲治「この愛は石より重いか」(旧題「コールドスリープ) 

中学生の朝読書におすすめの本。

「アナン、」を読み終えた牛くん、今度はもっと短い本がいい、上下巻とかじゃなくて、というので、同じ飯田譲治の「コールドスリープ」を持たせてやりました。
面白かったようで、早々と読み終えて持ち帰ってきました。

「コールドスリープ」は、以前も紹介を書きましたが、ホラー系の短編集。
タモリの「世にも奇妙な物語」みたいな感じの小説です。

牛くんはパラレルワールド物の「ちょっと長いプロローグ」が印象に残ったらしく、「ぼくダッシュ、って出てきたよね」と言ってました。

コールドスリープ (角川ホラー文庫)コールドスリープ (角川ホラー文庫)
飯田 譲治


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

角川ホラー文庫の「コールドスリープ」は、入手しづらいようなので、講談社文庫版の「この愛は石より重いか」を載せておきます。タイトルが違いますが、中身は同じ。
出たばかりの時、飯田譲治の新刊が出たのかと思って、間違って買うところでした(^_^;)

この愛は石より重いか (講談社文庫 い 103-10)この愛は石より重いか (講談社文庫 い 103-10)
飯田 譲治


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
関連記事

コメント

はじめまして!うちにも中高生がいるので参考にさせてもらってます。うちのは、自分から読むことはしなくって、手渡してやると読むので、私はいつも面白そうな、読みやすそうな本を奴らのために捜し求めて彷徨してるんですよ~。
「図書館戦争」の記事読んで図書館に予約しましたよ。ホラー系は読んだことないけどこの本も予約してみようかな。

るるるさん、
コメントありがとうございます!
子どもさん向けの本選びの参考にしてもらっているとのこと、嬉しいです。
うちの子どもたちも、自分で書店を本を探すということをしないで、私に頼ってくるのですよ~。でも、子どもたちのおかげで、私もこれまで読まなかったジャンルの本を読むようになりました。
大人が読んで面白い本は、子どもたちにとっても面白いはず。ただし、子どもに読ませたくないような本が児童書に分類されていたりすることもあるので、その辺もブログでお知らせしていけたらなあ、なんて思っています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/304-5057aa76