【コミック】「とりぱん 5」買いました。 

夜になると、ホトトギスの鳴き声が聞こえる季節になりました。
とりのなん子「とりぱん」の5巻、ようやく買いました。
発売日に「買ったよ~」というメールを妹からもらっていたので、出たのは知っていたのですが。

2007年の春頃から08年の年頭にかけて連載していた分で、これからの季節にぴったりの初夏の話で始まります。
今回のアイドルは、拾われて野鳥センターで保護されているヒヨドリのひな、ヒヨちゃん。
そのほかにも、生ゴミ出身の庭のジャガイモや、グルメなクモの話など、たくさん楽しませてもらいました。
某メーカーの「オウム・ハムスター用ひまわりの種」が6割がたカボチャだったという真実も・・・(笑)

4コマ漫画も面白いですが、季節を切り取ったような4ページめ目も大好きです。

シジュウカラの餌用に、庭にひまわりの種をまきました。実ったら食べに来てくれるかな。

とりぱん 5 (5) (ワイドKCモーニング)とりぱん 5 (5) (ワイドKCモーニング)
とりの なん子


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
関連記事

コメント

パンダ

色付きの文字
とりばん!!というタイトルの「え?」という感じが表紙の感じと違い印象に違いがありますねー。明日書店で探してみようと思います!我が家も、子どもの為に良い本を読んであげたいと思い、今日はパンダの本を購入しました。
「パンダづけ」
中国・四川省にある「臥龍中国パンダ保護研究センター」にいるパンダのQQちゃん
もうパンダを上野動物園では見れないかなーと。でも子どもが歌をパンダウサギコアラ♪と歌ったりなのに本物のパンダを知らずに大人になってしまうかなーと。今日は子ども達にとって心に残る1冊になっているようです。


  • [2008/06/14 02:11]
  • URL |
  • 2人、男児の母
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

パンダ

色付きの文字とりばん!!というタイトルの「え?」という感じが表紙の感じと違い印象に違いがありますねー。明日書店で探してみようと思います!我が家も、子どもの為に良い本を読んであげたいと思い、今日はパンダの本を購入しました。
「パンダづけ」
中国・四川省にある「臥龍中国パンダ保護研究センター」にいるパンダのQQちゃん
もうパンダを上野動物園では見れないかなーと。でも子どもが歌をパンダウサギコアラ♪と歌ったりなのに本物のパンダを知らずに大人になってしまうかなーと。今日は子ども達にとって心に残る1冊になっているようです。

  • [2008/06/14 02:14]
  • URL |
  • 2人、男児の母
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

2人、男児の母さん、
コメントありがとうございました。
(お返事が遅くなってすみません)

「とりぱん」というタイトルは、鳥の餌用のパンのことです。パン屋さんでパンの耳が安売りしているときに鳥の餌用に大量に仕入れてくるというエピソードに基づいています。

この本は、絵も素敵だし、詩的な文章もあれば、ギャグもある、といろいろ楽しめる本です。
絵本ではなく、漫画ですが、うちの息子も大好きなです。ぜひ親子で楽しんでくださいね。

パンダの本、「パンダづけ」も楽しそうですね。ご紹介ありがとうございました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/306-5901c3ed