「茶色の朝」フランク・パブロフ 

はじめは猫だった。
茶色以外の猫を飼うことが禁止された。
次は、茶色以外の犬を飼うことが禁止された。
茶色の犬、茶色のネコを飼えばいいさ、他の色の犬や猫と同じように
かわいいから、構わないと思っていた。
なんだかおかしいとは思っていたけれど、何も言わなかった。
茶色のネコを飼っているのだから、安全だと思っていた。
ところが・・・。

一見、穏やかな日常のようでいて、実は恐ろしいことがおきていることに気が付いていない人々。
気がついたときには、遅かったのだ。
 
       *******************

フランク・パブロフの書いた「茶色の朝」は、短い物語ですが、フランスの人々に大きな影響を与えました。
巻末の高橋哲哉氏のメッセージは、ファシズムや全体主義に通じる現象に対し、「やり過ごさないこと」「思考停止をやめること」を訴えています。
多くの人に読んでほしい本です。

ナチスに迫害された、マルチン・ニーメラー牧師の言葉を思い出しました。

茶色の朝茶色の朝
フランク パヴロフ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/312-80e1e7a9