FC2ブログ

まんがで読破「蟹工船」 

「蟹工船(まんがで読破)」を、中学生の娘が、本屋で買ってきました。
まんがなので、すぐ読めてしまいます。

「蟹工船」というのは、北洋で大量に水揚げされタラバガニを、鮮度を落とさずに缶詰にするために、船の中に加工場を作ってしまえ・・・というわけで、古い船を丸ごと工場にしてしまったもの。
騙されてこの船に乗せられた貧しい人々は、北洋の寒い船の中で、逃げ出すこともできず、会社の儲けのために、死ぬまで働かされます。
彼らが立ち上がったとき、何が起こったか・・・
ここから先は、ぜひ読んでみてくださいね。

缶詰産業が戦争と深く結びついていること、なども描かれています。

蟹工船 (まんがで読破)蟹工船 (まんがで読破)
小林 多喜二


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

漫画を読んで原作を読みたくなった方はこちらを。
蟹工船・党生活者 (新潮文庫)蟹工船・党生活者 (新潮文庫)
小林 多喜二


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
関連記事

コメント

はじめまして

まなみといいます

たまたまここにたどり着きました

ので、

もしよかったら私のブログにも

遊びに来てくださいな

まなみ

http://blog.livedoor.jp/manamichan62/

こんにちは。プロレタリア文学・小林多喜二・「蟹工船」と昔暗記しましたね。漫画があるのですね!ぜひ読んでみたいです。「蟹工船」がなぜだか今ブームなのは気になってたのです。
しかもこの<漫画で読破>シリーズいろいろあるんですね。受験生にはいいかもしれない・・(^^;)

るるる☆さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
プロレタリア文学といえば「蟹工船」が代表ですが、「セメント樽の中の手紙」という短編小説が好きでした。

「まんがで読破」シリーズ、活用できそうです。これで読書感想文を書こうとしている人もいたりして・・・。

こちらからトラックバックしてみました~。届いてるようです。よかった(^^)またよろしくお願いしま~す。

るるる☆さん、トラックバックありがとうございます。
こちらからも、もう一度試してみたら、今度は届いたみたいです。三度目の正直?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/326-7966fafe

蟹工船

プロレタリア文学小林多喜二の「蟹工船」。 最近にわかにブームになって若者によく読まれてると知って気になってたんです。 その漫画版があ...

  • [2008/07/28 15:58]
  • URL |
  • るるる☆絵本カフェ |
  • TOP ▲