【絵本】「フリーフォール」 

るるる☆絵本カフェさんのところでウィーズナーの絵本が紹介されていました。
今まで見たことがなかったので、探してみました。

「フリーフォール」は、パジャマ姿の少年が主人公。
ベッドの毛布のチェック模様が、畑になり、チェス盤になり、お城になり、とどんどん移り変わっていくのです。まるでエッシャーのだまし絵のよう。
一人の少年の夢を順に描いていったものなのでしょうが、次々と連想していく様子が、夢そのものといった感じで、これ一冊を読むと一緒に夢を見たような気分になります。

文字はないのですが、ストーリーは、絵から十分に伝わってきます。
すごい絵本作家さんですね!

各ページに登場する地図が、1ページだけ、地名が読み取れるところがあるのですが、Islands of Langerhans という文字を見つけました。あれっと思い、他の地名も読んでみると Zygomatic arch や cerebral aqueduct、corpus callosumといった語句が読み取れて、個人的にうけてしまいました。(脳の地図なんですね!)

↓アマゾンで画像が出ないのが残念。素敵な表紙なんですよ。

フリーフォールフリーフォール
David Wiesner


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
関連記事

コメント

こんにちは~TBありがとうございます^^
興味持っていただけて嬉しいです。
すごいですよね~この方の絵!
引き込まれますよね。文字なんて不要ですよ。
この「フリーフォール」は知らなかったので、ぜひ図書館で探してみますね!

るるる☆さん、こんばんは。

ウィーズナーの「漂流物」と「かようびのよる」、探しているところです。
私もこういう絵本作家がいたなんて、知りませんでした。子どもだけでなく、大人にも評価の高い作家さんのようですね。
素敵な絵本を教えてくださって、どうもありがとう!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/368-38da59bc

フリーフォール

書評リンク - フリーフォール

  • [2008/09/23 19:16]
  • URL |
  • 書評リンク |
  • TOP ▲