「聖☆おにいさん」を10倍楽しく読む方法~その5 

本屋から帰ってきた娘が、「本屋にブッダコーナーあったよ!!」と教えてくれました。
携帯で写真も撮ってきたとのこと。

ブッダコーナー

うーん、これはただの宗教コーナーではないか・・・。
「聖☆おにいさん」が流行る以前からあったものと思われます。

ま、「聖☆おにいさん」を読んでから、ブッダとかイエスという題名の本があると、つい手に取ってしまうのは、私だけではないのでは・・・。

さて、今日ご紹介するのは、「図説 地図とあらすじで読む聖書」。
旧約聖書と新約聖書それぞれのあらすじを、見開き2ページの右側にはストーリー、左側には地図やイラストで紹介しています。
聖書は、子供向けに書かれたものしか読んだことがなかったので、これまで知らなかった話がいろいろ載っていて面白かったです。旧約聖書というのは、壮大な物語だったのですね。

新約聖書もイエスの生涯がわかりやすく書かれており、子どもたちも、「あ、これが元ネタね」といいながら読んでいました。

さて、「序章 聖書とは何か」には、「天使」の説明が載っていて、天使に階層、階級があることを初めて知りました。トップは第一階級のセラフィム、次がケルビムです。
「聖☆おにいさん」にも登場するミカエルは、ラファエル、ガブリエル、ウリエルとともに第8階級と、下のほうの階級なのですね。
ちなみに第9階級のエンジェルスは無数の名もなき天使たち、だって。

441300681X図説 地図とあらすじで読む聖書
青春出版社 2004-07

by G-Tools


これまで書いた記事はこちら↓
【コミック】「聖☆おにいさん」
「聖☆おにいさん」を10倍楽しく読む方法~その1
「聖☆おにいさん」を10倍楽しく読む方法~その2
「聖☆おにいさん」を10倍楽しく読む方法~その3
「聖☆おにいさん」を10倍楽しく読む方法~その4
↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
関連記事

コメント

わたしも本屋にいくと宗教関係の本よんじゃいますね。イエスはイスラム教でも登場するらしいですね。
あと、昔すこしだけ勉強していた中世美術史では右側が聖人、真ん中がイエス、左側は悪魔と描く場所もきまっていたそうです。

ところで先日、立川の本屋にいったら「聖☆おにいさん」の特設コーナーがあり、Tシャツ姿のイエスとブッダが飾られていました。結構大きくてびっくりです。

日月さん、コメントありがとうございます。
書店の宗教の棚なんて、これまであまり見ることはなかったのですが、最近は、つい眺めてしまいます。

「聖☆おにいさん」の特設コーナーですか!先日行った丸善では、一章分だけ立ち読みできるように冊子がぶら下がっていて、その下に平積みになってました。
少し読んだだけで面白さがわかるからなのかな。通りがかりのカップルの女性のほうが、「これ面白いよ~。学校で友達が持ってて、学活の時間に読んでいて笑いこらえるの大変だった~」なんて言ってました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/369-fa1cfbd1