理系をめざす女の子に・・・「算法少女」(遠藤 寛子) 

安永4(1775)年に刊行された和算書「算法少女」をもとに、数学に魅せられた少女とその周りの人々の騒動や、江戸時代の庶民たちの中での和算の広まりを描いた小説。

父から算法の手ほどきを受けていた町娘あきは、観音様に奉納された算額の誤りを指摘したことから、算法の才能を認められ、藩主の娘の算法指南役に取り立てられそうになる。しかし、別の流派の算法の実力者が、自分の流派を学ぶ少女と競わせることを提案し、二人の少女の対決が行われる。

女性でありながら、学問をすること。藩の中では主流ではない上方算法を学んでいること。武士の家庭ではなく町医者の娘であること、などの多くの困難を乗りこえ、自分の道を切り開くあき。
読んでいてすがすがしい気持ちになれる本。

中学生、高校生の読書感想文にもいかが。
タイトルに、「理系をめざす女の子に」と書いたが、江戸時代の風俗がよく描かれており、歴史小説としても面白いので、文系の方にも是非。

4480090134算法少女 (ちくま学芸文庫)
遠藤 寛子
筑摩書房 2006-08

by G-Tools

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/43-c3494db0