FC2ブログ

読書感想文におすすめ「ヒットラーのむすめ」 

雨の日のバス停で空想話として少女が話した「ヒットラーのむすめ」の話。話を聞いた少年の立場で物語は描かれる。
ヒットラーの娘は、障害を持っていたために、周りの眼からは隠されて育てられていた。
もし、もし自分がヒットラーの子だったら、戦争を止められただろうか?・・・と考える少年。
同様にこの本を読んだ者も、もし自分だったら・・・と深く考えさせらる本です。

夏休みの宿題の読書感想文にもぴったりかと。
うちの娘は「イクバルの闘い」とこの本とどちらにしようか、迷ってました。
小学校高学年~中学生くらいにおすすめです。
おとなが読んでも心に響く一冊です。




↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

関連記事

コメント

ヒットラーの娘

今回はありがとうございました。この事はこれからの読書感想文に役立つと思いました。ヒットラーの娘は長年障害をもっているため隠し子として育てられたヒットラーの娘の本を読んでいる人の気持ちが最初は(読み始め)分かりませんでしたが少しずつ読むとしょうがいをもっていると言う事が途中から分かりました。そしてこれからの読書感想文にも僕もオススメしたいです。あと読書感想文が夏休みなどのおわり頃になって気付いた場合はどうすればいいでしょうか。教えて下さい。

宮田莞爾さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
読書感想文を書くのに、このブログが少しでも役に立ってもらえるとうれしいです。

私もだいたい夏休みの最後に読書感想文書いてました。
夏休みの終わり頃になってからの、読書感想文の取り組みですか・・・。
まず、読むのに時間がかかる本はやめて、短編や短い本にすることですね。それと、本を選ぶ時には、自分の体験や自分の意見が書きやすいような題材の本を選ぶのがいいかと思います。

マインドマップで構想を練ってから書き始めるのもいいかもしれません。

イラストにひかれ

内容に惹かれ
心にずんと響きました
ご紹介ありがとうございました

私も日記に書きました

かよりんさんへ

かよりんさん
コメントありがとうございます。
この本は、児童書だけれど、深い内容で、ぜひ多くの人に読んでもらいたいと思って紹介した本です。
読んでくださってありがとうございました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/6-31b91a5e