「できる子はやっぱりそろばんをやっている」 

そろばん教室、以前はたくさんあったが、電卓やパソコンの普及により、今ではすっかり少なくなってしまった。しかし、最近「そろばん教育」のよさが見直されているという。

「できる子はやっぱりそろばんをやっている」は、フリージャーナリストの著者が、最近のそろばん教育事情についてそろばん教室や、そろばんを習っている子どもや親に取材して書いた本。

そろばんをならうことにより、集中力や忍耐力がつくだけではなく、自信がつき、競争力、判断力、基礎能力が身につくというのだ。計算の手段としては、時代遅れかもしれないが、脳の能力を伸ばす、という意味では、大変役に立つものと思う。

学校で一律にならうのではなく、そろばん教室で、ひとりひとりにあったレベルの問題をやる、というところに意義があるような気がする。

また、「大人にもそろばん学習の効果があるのか」として、最近各地に広まりつつある大人向けそろばん教室の参加者の声が紹介されているが、「物忘れをしなくなった」というのが顕著なのだそうだ。
そろばんは、聞く、見る、指を動かす、確かめる、判断する、五感をフル稼働させる行為であり、次々にレベルアップさせることができる。今はやりの脳トレなどよりよっぽど有用だという。
大人向けのそろばん学習については、環境整備が必要だ、と著者は述べている。

うちの子どもたちは、近所にそろばん教室がなかったので、習わせることができなかったのだが、今思うととても残念だ。

できる子はやっぱりそろばんをやっている―なぜ、計算だけではなく全ての勉強に役立つのか?できる子はやっぱりそろばんをやっている―なぜ、計算だけではなく全ての勉強に役立つのか?
石戸 謙一


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
関連記事

コメント

みっ耳が痛いです~。
うちの娘小学校の時そろばんやってて、1級までいったけど・・。
集中力、忍耐力、競争力、記憶力なんてどこにも見当たらない中学生なんです・・(^^;
おまけに数学のテストはいつも計算ミスだらけで、塾の先生に普段からしっかり計算問題をやるように言われて、「そろばん習ってました」なんて恥ずかしくて言えなかったんですよ~。
例外もいてるってことです・・。(^^;

るるる☆さん、こんばんは。

例外もありですか・・・。
本書では、教室もいろいろあるので、選んで通いましょう、という書き方をしていました。

|家|ゝ艸・) ハロー★

ここにも例外ありますですw
うちも1級止まり…。
でも、流石に段位クラスになると、
確かに頭の良い子が多かったな。
うんっ今でもそうやもん。
私は百ます計算よりも「そろばん」の方がいいな。

ナミさん、こんばんは!コメントありがとうございます。
例外ですか・・・。
1級までとられたのでしたら、結構がんばりましたね。そろばんを習っていた経験は、他のことにも生かされているのでは?と思います。

そろばんの検定試験や大会の時の緊張感、みんなで集中してそろばんをはじく音だけが聞こえる風景、今でも懐かしく思い出します。

そろばんときたら、やっぱり一言。30数年塾を主宰。11教室 職員10名 生徒800名在籍は昭和50年代で「 読み書きそろばん」とまだ言われていた頃のこと。おけいこ事が多様化、平成8年閉塾する。当時の若い職員が結婚出産、そして自分の子にそろばんを教え、1級や段位も取らせる。東北の某県立の進学校から国立大に。職員たちから一応に「そろばんのお陰です。」と感謝される。7人の孫たちにはスキー合宿の次は「そろばんの合宿」をと言っても「いやだ!なにそれ!」とババ抜きされそうなのでヤメトコね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/794-b27940a0

できる子はやっぱりそろばんをやっている―なぜ、計算だけではなく全ての勉強に役立つのか?

書評リンク - できる子はやっぱりそろばんをやっている―なぜ、計算だけではなく全ての勉強に役立つのか?

  • [2009/01/16 23:03]
  • URL |
  • 書評リンク |
  • TOP ▲