「再起」(ディック・フランシス) 

「好きな作家は?」と聞かれると、「ディック・フランシスとデズモンド・バグリィ」と答えていた時期がある。
フランシスの小説に出会ってから、冒険小説というジャンルの本を読み漁った。
たくさん読んだ中でもやっぱりディック・フランシスは、一番好きな作家の一人だ。

タイトルはすべて漢字2文字。どの作品でも主人公は男らしい男。職業はいろいろだが、必ず競馬が登場する。
「競馬シリーズ」というネーミングから、敬遠する人もいるかもしれないが、登場するのは、イギリスの競馬界。女王様の国の競馬は、英国上流階級の社交場という意味合いもあり、日本の競馬とはかなり違うものなのだ。

著者のディック・フランシス自身も、元障害競馬の騎手。「女王陛下の騎手」という自伝も書いている。
騎手を引退したのち、小説家としてデビュー。1年に1冊ずつ新作を発表して、私たち読者を楽しませてくれた。しかし、2000年に執筆の協力者である妻を亡くしてからは、しばらく新作がでなかったのだが、2006年に、この「再起」で作者も再起したのである。
「再起」で特記すべきことは、これまでの翻訳者菊池光氏の死去により、訳者が変わったことだ。新しい翻訳も、同じように素晴らしい。これまでのフランシスの作品と違和感なく読み進めることができた。

というわけで、作者ディック・フランシスへの思い入ればかり書いてしまったが、実は、「再起」の魅力は、主人公シッド・ハレーに尽きる。各作品で別々の主人公を設定するフランシスだが、シッド・ハレーともう一人キットだけは、複数の作品に登場する。それぞれ印象的な主人公の中でも、シッド・ハレーは特に魅力的だ。

怪我により騎手を引退し、調査員として働くシッド。いろんな困難や苦痛を乗り越えながらも、信頼される調査員として活躍し、今回も、悪役に痛めつけられても決して屈しない。「再起」では、本人を痛めつけても無駄、と知った犯人たちは、別の手段をとる。
(そういうプロット上、オランダ人女性との仲睦まじい様子の描写が必要なのだろうが、いつものフランシスならこんなシーンはなかったのでは?ストイックな主人公が魅力的だったのに・・・と思った。シッドのファンとして、妬いているだけかもしれないが)
携帯電話やインターネット・ギャンブルも登場し、80代を超えた作家が書いた作品とはとても思えない、わくわくする本だった。

再起 (ハヤカワ・ミステリ文庫 フ 1-41) (ハヤカワ・ミステリ文庫)再起 (ハヤカワ・ミステリ文庫 フ 1-41) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
北野寿美枝


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これから読む方は、「大穴」「利腕」「敵手」そしてこの「再起」と順をおって読んでほしい。
読書の醍醐味と充実感が得られると思う。
大穴 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 12-2))大穴 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 12-2))
ディック・フランシス


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
関連記事

コメント

このあとの『祝宴』は息子さんとの共著になっていますが、『祝宴』を読んでから思うのは、『再起』でもかなり息子さんの手が入っているのではないかな、ということです。女性関係の描写もそうですが、『祝宴』のヒロインはビオラ奏者。ディック・フランシスの小説に音楽が出てきたのはバグパイプの話があったくらいでしたから、ああ、変わったなあ、と思いました。

ディックさん、コメントありがとうございます。
息子さんと共著ですか。なるほど。
どおりで、これまでと違う感じがしたのですね。
「祝宴」も、文庫化を待たずに読みたい気持ちになりました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/805-226cc236