「フライ、ダディ、フライ」 金城一紀 

ゾンビーズシリーズ第2弾「フライ、ダディ、フライ」、期待にたがわず面白かったです。

高校生の娘が、ボクシング部の生徒に暴行を受け負傷。平凡なサラリーマンだった父親が、復讐に立ち上がるというお話。それに力を貸すのが、ゾンビーズの面々。今回は、朴舜臣が活躍します。

お父さん、かっこよすぎです。

4048736019フライ、ダディ、フライ (The zombies series (SECOND))
角川書店 2005-05-31

by G-Tools


映画化もされています。岡田准一、堤真一が主演。前から気になっていましたが、まだ観ていませんでした。観なくては。
B000B74BK2フライ,ダディ,フライ [DVD]
金城一紀
東映 2005-12-09

by G-Tools


韓国版の映画のDVDでは、石田彰が吹き替えしているのが話題になっているようです。こちらもチェックですね。
B000SKJ0OEフライ・ダディ 特別版 [DVD]
エスピーオー 2007-10-03

by G-Tools



↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
関連記事

コメント

やっと紹介してくれましたね。
映画の韓国版は知りませんでした。
ぜひ見てみたいです。

  • [2009/02/24 20:48]
  • URL |
  • 牛くんの叔母あらためコメゾの母
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメゾの母さん、コメント&新しいペンネーム、ありがとうございます。
このごろじっくりブログを書いている余裕がなくて、本を読んでもブログ記事書けないでいるのがいくつかあります。
ま、ぼちぼち書いていきますね。

いくら愛娘の事件があったからとはいえ普通、ふたをして通り過ぎることに立ち向かえるのはやっぱり鈴木さんにもある種の「才能」があったのかもしれません。だからゾンビーズにも出会えたんでしょうね。
舜臣との奇妙な師弟関係がほほえましいです。( ̄▽ ̄)

日月さん、こんばんは。
舜臣との師弟関係、おもしろかったですね。

DVD(日本版のほう)を借りてきたので、これから娘と一緒に見るところです。
うちのお父さんなら、ここまでしないだろうなあ、なんて思いながら観るのかな??

引き込むストーリー展開に、絶妙な絡み。
さすがの面白さでした。
時間が過ぎていくのも忘れるくらい、本当に素晴らしい作品でした。

藍色さん、こんばんは~。
コメントありがとうございます。

お父さんと朴舜臣の奇妙な友情が心に残りました。
映画版、どちらもよかったですよ~。

おはようございます。
TBいたしました。
ゾンビーズ・シリーズなんですね。

時折さん、こんばんは~。
TBありがとうございました。
この本と、「レボリューションNo3」、「SPEED」の3冊がゾンビーズ・シリーズです。
若い人たちに読んでほしい本なので、「SPEED」も早く文庫化してほしいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/851-678f7d42

フライ,ダディ,フライ 金城一紀

鈴木一、47歳。平凡なサラリーマン。破綻した世界を取り戻すためのひと夏の冒険譚。 ザ・ゾンビーズシリーズ第2弾。 娘のための決意。一生...

金城一紀『フライ,ダディ,フライ』

フライ、ダディ、フライ (The zombies series (SECOND))著者:金城 一紀販売元:角川書店発売日:2005-05-31おすすめ度:クチコミを見る おおっ、私はどこにどう跳んだらいいのか! 内容(「BOOK」データベースより) 私の夢―。娘の幸せ。何よりも。私の命よりも。自分に...