おすすめのラノベは? 

もうすぐ牛くんの誕生日。
いつもは本人のほしがるままに、ゲームソフトを買い与えていたが、ふと思いついて、
「欲しい漫画とかない?全巻そろえたいのとか?」
と言ってみた。
すると、
「漫画かラノベね・・・」
と言い出して、
「なんか面白いラノベないかな・・・」
と悩んでいる様子。

牛くんが自分から本を買ってと言い出したのは、初めてだ。
ラノベだったら、「図書館戦争」と私は思うのだが、文庫じゃないためか、のってこない。

いろいろ探してみると、

とらドラ!1とらドラ!1
ヤス


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

とか、
とある魔術の禁書目録(インデックス) (電撃文庫)とある魔術の禁書目録(インデックス) (電撃文庫)
鎌池 和馬


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

キノの旅―The beautiful world (電撃文庫 (0461))キノの旅―The beautiful world (電撃文庫 (0461))
時雨沢 恵一


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

などが人気があるらしい。
他にも「おすすめのラノベ」で検索してみると、「文学少女」シリーズを発見。
私としてはこれが面白そうである。(私も読んでもいいかな、という感じ。)
“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)
竹岡 美穂


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

どれにするか悩んでいて、試験勉強が手につかない様子だったので、試験終わってから考えよう!ということにしたのでした。
中学生におすすめのラノベ(できたら大人が読んでも耐えられるレベルのもの)、ありましたら、教えてくださいね!

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

関連記事

コメント

いつもおじゃまさせていただいています

紹介されている本、読みたいものばかりで・・・

「キノの旅」が私のおススメです
強くて優しくていろんな世界があって

これからもよろしくお願いいたしますね

かよりんさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
ブログでも、お世話になってます。こちらこそどうぞよろしく。

「トラどら」はすでに息子が持っていたころが判明。貸してくれました。
「キノの旅」も面白そうですね。そのうち息子が買ってきたら借りて読もうかな。

「十二国記」シリーズはおすすめです。主人公が異世界に流され、裏切りや偏見に会い、苦しみながら成長する姿に共感を覚えます。
本ごとに主人公が違うのも面白いですし、なによりあの世界観は最高です。(^^)

あとは「彩雲国物語」でしょうか。
若い人に人気のあるシリーズです。昔の中国風の国で女性官吏を目指す主人公と、才能はあるけれどやる気のなかった王様、周りの人々のお話です。

日月さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

「十二国記」シリーズ、アニメ化されてますよね。私も気になってました。娘は、ファンタジー系が苦手なのですが、息子はどうかな? 試しに薦めてみます。

牛くんの母さんこんにちわー

シリーズファンで昔から読んでいるのは「キノの旅」
いろいろと考えさせられることが多い作品です。

アマゾンで「米澤穂信より面白い」というレビューを見たのがきっかけで読み始めたのが「文学少女」
キャラ設定や登場人物同士のかけあいはマンガチックですが、
3・4巻まで読み進めると続きが気になってしょうがないという
良い意味で中毒性の高い作品です。

ご参考までに

ヘタレオオカミさん、こんばんはー。
「文学少女」、米澤穂信よりおもしろい・・・とあれば、読まずにいられませんね。ある意味、殺し文句?
アマゾンの紹介を読んでいたら、私も読みたくてたまらなくなってきました。
情報ありがとうございました!

とらドラとキノの旅は持ってますよ~やはりキノの旅は様々な国があって、人がいて、おもしろい小説だと思います。
ラノベを読み始めたのが「キノ」だったので、心に残ってます。ただ・・・
ここ数年は一年に一冊ペースなのが^^;

個人的には「しにがみのバラッド。」をお勧めします

月下聖さん、はじめまして!
コメントありがとうございます。
キノの旅、本屋さんでちょっと立ち読みしてきましたが、不思議な雰囲気の本ですね。章ごとに違う国を訪ねるという形式なら、朝読書にも最適かも。息子にすすめてみますね。

「しにがみのバラッド。」は、娘の本棚で見かけたような・・・。感想聞いてみます。

はじめまして

牛くんの母さん、はじめまして。

毎日中学生相手に本をすすめている私のおすすめはやはり『文学少女』シリーズです。巻ごとに『人間失格』や『嵐が丘』などの名作をベースにしているのも楽しいし、文学を山のように紹介しているので入門書としても使えます。全体的にミステリ色が強く、残酷なシーンもありはしますが、笑いあり、胸キュンありで大人でも十分楽しめますよ!8話完結で(外伝もありますが)読後感もすこぶるよいです。

あと男の子には『半分の月がのぼる空(全8巻)』もよく読まれていますよ。

なぎさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

「文学少女」シリーズ面白そうですね。まず私が読みたくなってしまいました。これをきっかけに文学作品にも興味をもってもらえるといいですね。

「半分の月がのぼる空」は、娘が全巻持ってます。男の子にも人気があるとは、ちょっと意外です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/852-b643fd6a

“文学少女”と死にたがりの道化

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)(2006/04/28)野村 美月商品詳細を見る 価格: ¥ 588 天才美少女作家井上ミウとしてデビューして...

  • [2009/05/09 09:04]
  • URL |
  • 二次元部屋 |
  • TOP ▲