【絵本】「ルリユールおじさん」 

「ルリユールおじさん」は、パリの街を舞台にした素敵な絵本。

大好きな図鑑がこわれてしまった少女。
新しい図鑑を買うのではなく、この本をなおしたい、と街を走り回るります。
「そんなにだいじな本なら、ルリユールのところに行ってごらん」
少女は、ルリユールおじさんと出会います。

さまざまな工程を一人でこなすルリユールおじさんの手は、魔法の手。
少女とおじさんの噛み合わない会話もなんだか楽しい。

同じルリユールだった父の思い出。
この仕事を継いでくれる後継者はいるのだろうか、なんて考えてしまいました。

パリの街の風景も素敵だし、ラストもいい。

大人向けの絵本としてつくられたのか、漢字にふりがながふっていないです。
本が好きな子どもさんには、読んであげてください。自分だけの本がほしくなるかも。

ルリユールおじさんルリユールおじさん
いせ ひでこ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
関連記事

コメント

この絵本大好きです

牛くんの母さん、こんばんは~

この絵本大好きです。あんまり気にいたので集会でも朗読してもらって、自分でも買いました。
ラストもいいけれど、ソフィが「わたしの本」と本を見つけたところで毎回泣いてしまいます。

たくさんの人に読んでほしい絵本ですね。

なぎさん、こんばんは~。コメントありがとうございます!

どのページの絵も美しく、手元に置いておきたい絵本ですね。
世界にたった一冊の、自分だけの本を手にしたソフィ、どんなに嬉しかったことでしょう。

職人の技に魅せられた著者が心をこめて書いた本なのでしょうね。

絵もお話も大好き~^^
使い捨てではなく、自分が大事にしてるものに新しい生命を吹き込んでまた愛する・・っていいですよね。昨今の日本では忘れられた精神性に胸を打たれるものがあります。
職人さんの心も素敵です。パリでももう数人しかいないそうですね・・。
TBさせてもらいました。

るるる☆さん、こんばんは~。
絵もストーリーも素敵な絵本ですよね。
代々受け継がれた職人の仕事、後継者がいるといいのですが、もういないのでしょうか?残念ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

リンクの件

こけももさん、
リンクの件、かまわないですよ。
こちらこそどうぞよろしくお願いします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/854-6c08239c

ルリユールおじさん

書評リンク - ルリユールおじさん

  • [2009/02/27 12:22]
  • URL |
  • 書評リンク |
  • TOP ▲

ルリユールおじさん~本の命

私は今いせひでこさんに夢中です。 ルリユールおじさん(2006/09)いせ ひでこ商品詳細を見る ルリユールとは製本のことで、ヨーロッパでは製...

  • [2009/03/02 08:48]
  • URL |
  • rururu☆cafe |
  • TOP ▲