「レッド・マスカラの秋」永井 するみ 

「レッド・マスカラの秋」は、「カカオ80%の夏」の続編。(以前書いた感想はこちら) 登場人物も重なっているので、未読の方はこちらを先に読んでからのほうが楽しめると思います。

主人公は高校生の三浦凪。風変わりで放任主義の母親と二人暮らし。
前作で出会った友人のミリが貸したマスカラで、モデル仲間のまぶたが腫れてしまい、ミリが窮地に陥ります。
凪は、調査に乗り出しますが・・・。

凪の行動力が小気味よい。
凪は、さりげなく応援してくれている大人たちに気付いているのかな。
マスターとの関係はどうなるのでしょう。

東京ガールズコレクションや、化粧品についても、詳しく書いてあり、若い女性を読者と想定して描かれた本です。(大人が読んでも面白いですが)
せっかくだから1400円という値段ではなく、もっと手頃な値段、持ち運びやすいサイズにすればいいのに、と思います。
中学生、高校生がお小遣いで買えるように、廉価版出してください!

465208630Xレッド・マスカラの秋 (ミステリーYA!)
理論社 2008-12

by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/900-ccc6102b

レッド・マスカラの秋 永井するみ

装画は松尾たいこ。理論社ミステリーYA!。「カカオ80%の夏」の続編です。 十七歳の私、三浦凪は友人ミリが出る東京ガールズフェスティ...

「レッド・マスカラの秋」永井するみ

レッド・マスカラの秋 (ミステリーYA!)(2008/12)永井 するみ商品詳細を見る 主人公は三浦凪、17歳。凪と雪絵は東京ガールズフェスティバルにやって...

  • [2009/05/12 20:08]
  • URL |
  • しんちゃんの買い物帳 |
  • TOP ▲

レッド・マスカラの秋

 17歳高校2年生の三浦凪が、シリーズ第1巻「カカオ80%の夏」で知り合ったモデルのミリがライバルのモデルイリヤに自分が気に入っているマスカラを勧めたところ目が腫れたと言ってイリヤがショーをキャンセルして失踪したことからミリの陰謀やマスカラの欠陥を疑わ...

  • [2009/05/15 23:45]
  • URL |
  • 伊東良徳の超乱読読書日記 |
  • TOP ▲