「風が強く吹いている」三浦しをん 

「風が強く吹いている」は、ずっと気にはなっていたが読めないでいた本。ようやく読むことができました。


竹青荘というおんぼろアパートに住む寛政大学の学生10人。
4年生の清瀬(ハイジ)が、新入生の走(カケル)と出会ったことから、箱根駅伝をめざすことになる。
いや、その前から清瀬は、箱根駅伝を狙っていたのかもしれない。

陸上には全くの素人も含めてたったの10人で箱根駅伝で勝つということは、前代未聞の出来事。マスコミにも注目される一方、伝統校からは嫌みを言われたりいやがらせをされたりする。

10人それぞれの駅伝への思い。
走(カケル)は、高校生時代、規律を重視する監督に逆らった。しかし、箱根駅伝への挑戦を通して、走ることで仲間とつながることができることを知る。
双子の兄弟は、八百屋の娘に告白するために。
清瀬は、膝の故障という爆弾を抱えながら、最後の10区を走る。
後半の箱根駅伝のシーンでは、自分も一緒に走りながら読んでいるような気持ちになった。


すっきり爽やかな読後感を保証します。
中学生や高校生にもおすすめの1冊。
(今年の高校入試の国語の問題にもなっていました!)

映画化されるということで調べてみたら、主演は小出恵介と林遣都。双子の役はやっぱり、斉藤慶太・斉藤祥太なんですね。今年の秋公開とのこと。こちらも楽しみ。

風が強く吹いている風が強く吹いている
三浦 しをん

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

<追記>
文庫化もされています。文庫版はこちら↓

風が強く吹いている (新潮文庫)風が強く吹いている (新潮文庫)
三浦 しをん

新潮社 2009-06-27
売り上げランキング : 1112

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

コメント

牛くんの母さん☆こんばんは
この本いいですよねぇ~!
たすきで心をつなぐところが駅伝の素晴らしさですよね。
これを読んでから、駅伝を見る気持ちがちょっと変わったような気がします。

Rokoさん、こんばんは~。
いい本でしたね!
こういう本が読めて幸せです。

ハイジが監督(大家)を通じて、走っている仲間たちに送ったメッセージ、絶妙でした。

これまで駅伝って見たことがなかったのだけれど、これを読んで認識が変わりました。箱根駅伝を毎年見るという友人がいるのですが、気持ちがわかりました。それぞれのチーム、それぞれの選手ごとにいろんなドラマがあるのですね。

楽しかった(^^)

映画を最初に見てから、小説を読んだのですが、まるでキャストをあて書きしたかのような、絶妙のキャスティングでした。

小説は1年を通じて箱根への挑戦が詳細に描かれていて、駅伝、走ることへのイメージが変わりました。

好きな場面は山下りでユキがカケルの走る風景を体感するとこや、神童くんが自分がしんどいのにみんなに声をかけるところです(^^)。

日月さんへ

日月さん、こんばんは~。
コメントありがとうございます。

そういえば、映画、まだ観てなかったです。
今度DVD借りてこようっと。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/901-ca043275

『風が強く吹いている』 三浦しをん

風が強く吹いているposted with amazlet on 07.01.25

  • [2009/05/08 21:00]
  • URL |
  • Roko\'s Favorite Things |
  • TOP ▲