「シェルター」近藤 史恵 

近藤史恵の「シェルター」を読んでみました。シリーズ物の3作目なのですが、これを最初に読んだほうがいいと、解説にも書いてあるので、こちらから。

大阪で接骨院の受付をしている恵と歩の姉妹。2人もわけありだが、接骨院の院長合田力もわけありのよう。
物語は、姉の恵の視点と、いもうとの歩の恋人で週刊誌記者の小松崎の視点で交互に語られます。
海外旅行をすると偽って東京に出てきた恵がいずみという少女と出会い、面倒をみることに。いずみが巻き込まれている事件とは・・・。そして、恵が姿を消したわけは・・・。

ラストの合田院長のセリフのために、この物語は書かれたのですね。
いじめられている人、弱い人の味方の合田力先生、かっこいいです。

4396632363シェルター
近藤 史恵
祥伝社 2003-09

by G-Tools


文庫版はこちら。
Shelter(シェルター) (祥伝社文庫)Shelter(シェルター) (祥伝社文庫)
近藤 史恵

by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/917-45b9ef14