「超・英文解釈マニュアル―学校で絶対教えてくれない」 

英語の苦手な娘のために、英語の参考書をさがしていて、この本に出会いました。
村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける」のなかでも紹介されている本です。

この本では、英語を日本語に訳すとき、「てにをは」をどのように決めればいいか、について解説しています。英語の文章では主語がいちばん大事で、どれを主語かを見分ければ、その単語に「は」をつけて訳せばいいわけです。英語の文章の出だしは、12種類しかないこと。このパターンごとに、どれが主語かを見つける方法が決まってきます。

英文を「訳す」とは「作者のいっていることがわかる」ということであり、決して「日本語に直す」ということではない。日本語に直すために、いちいち文章の順序を入れ替えて読む必要はなく、文頭から読んでいって内容が理解できればよい、というのもなるほどなあと思いました。日本語に直す必要があれば、そのときはじめてきれいな日本語を考えればよいということです。

また文法的に正しくても、実際の英文に登場しないものは無視してよいというのもすっきりしました。

この本を読んで少しでも英語を読むのが楽になってくれれば、と思います。(学校の課題に追われて、なかなか読む暇がなさそうですが)

超・英文解釈マニュアル―学校で絶対教えてくれない超・英文解釈マニュアル―学校で絶対教えてくれない
かんべ やすひろ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ブログランキング参加中。
なかなか1位になれません。今日は何位かな?↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
関連記事

コメント

外国語は大変

牛くんの母さん お久しぶりです。

そうですね。会話では文頭から理解するしかありません。そうしないと会議なんかついていけません。本を読むときも、ひっくり返って訳していては時間かかってしょうがないです。こういう教育は良いと思います。先生は大変でしょうが。
話して書くには文法も大事ですけどね。
偉そうに書きましたが、学生時代は英語嫌いの劣等生でした ^^: 今でも毎日苦労してますけど。

Iamfiveさん、こんばんは~。
コメントありがとうございます。
娘だけでなく、私自身も英語があまり得意でなく、英語勉強法のような本があるとつい買ってしまいます(笑)
英語をいちいち日本語になおさずに、そのまま理解できるようになるのは、理想ですね。そのためにはもっと勉強しなくては(^_^;)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/939-00b26790