「植物図鑑」有川浩 

有川浩「植物図鑑」読みました。

この本は読むと決めていたので、他の方のブログの紹介記事や、アマゾンの書評なども読まないようにしていたんです。先入観なしで読みたかったので。
「阪急電車」や「クジラの彼」のような短編小説かと思っていましたが、そうではなく、1冊丸ごと恋愛小説!

「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか」
「咬みません。躾のできたよい子です。」
と言われ、マンションの玄関先に転がっていた男を拾ってしまったさやか。
自分のことを語らないイツキとの奇妙な共同生活が始まる。

二人は週末ごとにでかけて、野草を摘み料理をするんですね。
この本は恋愛小説でありながら、植物図鑑であり、野草の料理のレシピ本、という1冊で2度3度おいしい本なのでした。

小説だけなら、図書館本でいいのですが、レシピ本として手元に置いておきたくなりました。
春になってフキの季節が来たら、フキご飯、作ります!
その前にピーマンのゴマ和えも作ってみよう。

ということで、胸にキューンとくる恋愛小説が読みたい方、野草のレシピを知りたい方、道端の雑草(「雑草という草はない。すべての草には名前があります」)について知りたい方は、この本を読むべし!なのでした。

4048739484植物図鑑
角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-07-01

by G-Tools


↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
関連記事

コメント

おはようございます
凄~く面白そう!
凄~く惹かれましたi-185
図書館にリクエストしますi-179

えぞももんがさん、こんばんは~。
この本、おすすめですよ~。
ただし、有川浩の本は、図書館では人気があるので、予約がたくさんだと思います。気を長くしてお待ちくださいね!

また おじゃましました ^^

牛くんの母さん!
正解です!!
図書館の 予約順位306番・・・・・v-406

えぞももんがさん、こんばんは~。
306番とはまたすごい人気ですね!!
のんびり待つしかないですね・・・。
順番待ってる間に、文庫化されたりして・・・。

牛くんの母さんこんばんわー

あ!読まれましたかっ!?

今回はベタ甘全快でしたね~(笑)

ヘタレも昔は野山を駆け回って
ノビルをかじったり、野いちごをつまんだりしていたので
読んでいて懐かしくなりました。

そんな感想を有川浩好きのボスにメールしたら
「そんならノビルのパスタ作って」
と注文を受けました(笑)

ヘタレオオカミさん、こんばんは~。
はーい、ベタ甘のロマンス、堪能しました(笑)

ワラビを採りに行ったことはありますが、ノビルって食べたことないです。
いろいろと食欲をそそる本でしたね!

やっぱり携帯より本の方が

ずっと携帯で読んでいたのですが、やはり本の方が面白いですね。
携帯だと野草つみがやたらと長く、じれったく感じてました。
山菜や野草料理はまだですが、作中のピーマンのごまあえや、
もやしのカレー風味はたまに試しています。(^^)
ふきご飯は簡単そうなので今度つくってみようと思います。

日月さんへ

日月さん、こんばんは~。
携帯で小説は読んだことないです。なんだか読みづらそう。
ブログ小説は、「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」をずっと読んでいますが、これは読者さんとのコメント欄のやり取りなどがあって本で読むよりずっといいです。

牛くんの母さん☆こんばんは
野草摘みに行きたいですねぇ。
ベタ甘ロマンスもいいけど、美味しそうなレシピにも惹かれちゃいました。(*^^)v

Rokoさんへ

Rokoさん、こんばんは~。
ほんと、春になったら、野草摘み行きたいですね!
ロマンスとレシピ、両方楽しめる1冊でした。

牛くんの母さん

あけましておめでとうございます。
今年も、ブログを拝見しながら、新たな本を読んでみようと思います。

私も「植物図鑑」を読みました。
ベタ甘で、好きな場面を何度か読み返してしまうぐらいです。

ピーマンのごま和え、作ってみました。ピーマンの苦味もなく、おいしかったですよv-9

すももさんへ

すももさん、
明けましておめでとうございます。
今年もよろしく!

「植物図鑑」よかったでしょ!?
ベタ甘なだけじゃなく、読者を泣かせる展開も・・・。
ピーマンの胡麻和え、そういえばまだ作ってないです。夏になったら作ってみよう。(今はピーマンの季節じゃないで買わないのです)

最後の章、なんだか付け足しみたいに始まるなあ、と思いつつ読んでいったら、泣かされました。
さすが有川浩さんです。
ちなみに、横浜の根岸森林公園界隈で一眼レフカメラをもって道端にうずくまっている不審人物を見かけたら、それは私です。

ディックさんへ

ディックさん、こんばんは~。
コメントありがとうございます。
この本、今年いちばん泣かせてくれた本かもしれません・・・。

花通信、時々拝見させてもらっています。美しい自然の写真には、癒されますね。
横浜の根岸森林公園、横浜に行く機会がありましたら、立ち寄ってみたいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/987-0bb9f818

植物図鑑

草食系男子にを拾った二十代後半女子の物語。肉食系とは限らないけれど、自衛隊などのマッチョな戦闘職種男子の恋愛を数多く描いた著者が、料理はじめ家事全般を人並み以上にこなすスマートな男子に恋してしまった女子を描くとどうなるのか?

  • [2009/10/29 00:21]
  • URL |
  • 本読みな暮らし |
  • TOP ▲

「植物図鑑」 有川 浩

「芙蓉千里」と同じく携帯小説サイトsari-sariで連載されていた有川浩さんの「植物図鑑」。 ある日、道で拾ったとってもタイプな男の子。 行き倒れていたイツキを偶然「拾った」さやかは、彼に魅かれて家事全般を依頼するのを条件に共同生活を始める。 しかしイツキに

  • [2009/11/03 14:41]
  • URL |
  • 日々の書付 |
  • TOP ▲

『植物図鑑』 有川浩

植物図鑑posted with amazlet at 09.10.11 有川 浩

  • [2009/11/03 23:14]
  • URL |
  • Roko's Favorite Things |
  • TOP ▲