「新世界」柳広司 

こわいこわいと騒ぎながら読んでいた「トーキョー・プリズン (角川文庫)」、そして中佐がかっこいい!と惚れ込んだ「ジョーカー・ゲーム」。この2冊で、柳広司のファンになった娘。書店で「新世界」を見つけて、「これ面白い?」とメールしてきた。
私もまだ読んでいないけど、アマゾンで☆5つだよ、と教えると、通学の電車の中で読む用に買ってきた。
感想は、のちほど。

4043829019新世界 (角川文庫)
角川書店 2006-10

by G-Tools


「ジョーカー・ゲーム」の続編「ダブル・ジョーカーも早く読みたい」と騒いでおります。
4048739603ダブル・ジョーカー
角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-08-25

by G-Tools

↓いつもご協力ありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
関連記事

コメント

「新世界」

ご紹介ありがとうございました

実在の人物
う~ん こわかったです
ミステリとしてではなく圧倒的な史実が・・・

この作家また読んでみたいです

かよりんさんへ

かよりんさん、こんばんは~。
実は・・・まだ娘が持って歩いているので、私はこの本読んでいないんです。
読んだらまたコメント書きますね。

柳広司さんの本は、いろいろ出ていますが、どれも面白いですよ~。
一番のおすすめは、「ジョーカーゲーム」かな。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://peacemaker9.blog113.fc2.com/tb.php/991-9610ca1e