「SPRINT 最速仕事術――あらゆる仕事がうまくいく最も合理的な方法」 

「SPRINT 最速仕事術――あらゆる仕事がうまくいく最も合理的な方法」を読む。

Googleで仕事をしてきた著者らが、一つのプロジェクトをある程度形になるものに仕上げるためには、「スプリント」と名付けたたった5日間のプロセスが有効だ、というのだ。
一人ではなく、エンジニア、プロダクトマネージャー、デザイナー、そして意思決定者などの重要人物が集うこと。チームの人数は「7人以下」にすること。
月曜日には問題を固め、火曜日には思考を発散させ、水曜日にはベストを「決定する」。木曜日に一日かけてプロトタイプを作成し、金曜にテストをし、顧客になる人たちに「インタビュー」をして評価する。

ホテルで客室にものを届けるロボット、コーヒーのオンラインショップ、がん患者の臨床試験の参加を促す、などいくつかの例が進行状況とともに紹介されていて、「スプリント」の実際の進め方のイメージがわく。

こんなふうに、プロジェクトで何かを作り上げることができたら、楽しいだろうなあと思いながら読んでいた。
実際に自分がこのようなプロジェクトをする機会はなかなかないだろうが、現在進行中あるいはこれから行おうと思っている企画の進め方のヒントはたくさんもらった気がする。

興味深いと思ったところをいくつか記録しておく
集団ブレーンストーミングよりも、一人ずつじっくりアイデアを練る方が、効率が良い。(p6)
製品開発だけでなく、優先順位付けやマーケティング戦略、などさまざまな分野に応用できる。(p11)
大きなホワイトボードを「2つ」確保する。(p76)
7人以下のチーム以外の人々には「専門家」として月曜に意見を聞く時間をとる。専門家と話をすると、知っているのに忘れたことを思い出せ、これが思いがけないひらめきにつながることがある。もう一つ、早いうちに専門家に協力を要請すると、スプリントの結果に当事者意識を持ってもらえ、あとで、後ろ盾になってもらえる。(p109)

「HMW(How Might We どうすれば~できるか)メソッド」というのは初めて聞いたが、これは使えそう。
ヒアリングのメモを取るときに、すべて「どうすれば・・・」から始まる質問のカタチにするのだ。
これなら、前向きに考えるきっかけになりそう。
そしてたくさんのメモを並べて、丸いシールを貼って投票していく、と優先度が明らかになる、という仕組み。
次の会議の時に、このメソッドは使ってみよう。

SPRINT 最速仕事術――あらゆる仕事がうまくいく最も合理的な方法SPRINT 最速仕事術――あらゆる仕事がうまくいく最も合理的な方法
ジェイク・ナップ ジョン・ゼラツキー ブレイデン・コウィッツ 櫻井 祐子

ダイヤモンド社 2017-04-13
売り上げランキング : 168

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

5月の連休は、片づけのまつり!「人生がときめく片づけの魔法」 

今度の連休も遠出はできないので、毎年恒例、家の片づけをしようと思います。
参考にするのは、こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」です。
この本はとっても役に立ちます。家が片付かない、と悩んでいる職場の人たちにこの本を教えてあげたら、感謝されました。
順番に貸してあげて、今は3人目のところに回っています。
やってみた人たちは、たくさんごみを出した!と話していました。

この2冊がセットで貸し出し中です。

人生がときめく片づけの魔法人生がときめく片づけの魔法
近藤麻理恵

サンマーク出版 2010-12-27
売り上げランキング : 407

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

人生がときめく片づけの魔法2人生がときめく片づけの魔法2
近藤麻理恵

サンマーク出版 2012-10-09
売り上げランキング : 2687

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


コミックも出ました。ゴミだらけの部屋に住むOLさんが主人公のストーリーです。
マンガで読む人生がときめく片づけの魔法
マンガで読む人生がときめく片づけの魔法近藤 麻理恵 ウラモト ユウコ

サンマーク出版 2017-02-15
売り上げランキング : 779


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

『「好きなこと」で、脳はよみがえる~無理なくできる“生涯健康脳"のつくり方』 

『「好きなこと」で、脳はよみがえる~無理なくできる“生涯健康脳"のつくり方』を読みました。
東北大学加齢医学研究所の教授が書いた本です。

脳の健康のためには次の3つが大事だそうです。
1.知的好奇心
2.運動
3.コミュニケーション

そして、常にわくわくしていること。

年を取ってからでも何か趣味を持つとよいそうです。
趣味を見つけるには、昔やっていた習い事をまた始めてみる、というのもいいし、だれか身近な人がやっていることを教えてもらうのもよい。何も見つからなかったら、家の近所の散歩でもよい。散歩は運動にもなるし。
というあたりが印象に残りました。

先日、テレビでお茶を1週間にお茶を一回も飲まない人のほうが、毎日飲む人よりも認知症になりやすい、というデータが紹介されていました。これはカテキンが認知症に効く、というよりは、毎日お茶飲みをする人は、よく人とコミュニケーションをとっているけれども、週に1度もお茶を飲まない人は、人と交流がない、ということなのでないでしょうか? やっぱりコミュニケーションって大事ですよね。

「好きなこと」で、脳はよみがえる~無理なくできる“生涯健康脳「好きなこと」で、脳はよみがえる~無理なくできる“生涯健康脳"のつくり方
瀧 靖之

大和書房 2017-01-21
売り上げランキング : 87486

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村


「一瞬で自分を変える法 」(アンソニー・ロビンズ) 

「●世界No.1カリスマコーチが教える 一瞬で自分を変える法 」を読みました。

こういう本って読んでるときはやる気がでたり、自分が変われそうな気がするのだけれど、読み終えて少しすると忘れてしまったりするんですよね。
ということで、読んでみて気になったところをメモ代わりに書いておきます。

NLPの技術を実践すれば、相手の心を読み取ることができる。視覚、聴覚、体感覚のうち、どの感覚を重要視するかを見極めることにより、相手へのメッセージを届けやすくなる。
コーチングの講座でもよく聞く「ラポール」の重要性、「ミラーリング」や「「ペーシング」の効果について。
コミュニケーションは「ボクシング」ではなく、「言葉の合気道」で。(相手の感情に理解を示し、尊重することが大事)

結論は、自分を変えるには、「目標」を持って、「行動」しよう、という、どの自己啓発本にも書いてあるようなことなのだけれど、本書に登場するいろいろな事例は読んでいて興味深く、さすが、カリスマコーチの書いた本です。

コーチングについては、習ったり練習したりしているのだけれど、NLPについてもこれから学んでみたいと思いました。

一瞬で自分を変える法 (知的生きかた文庫)一瞬で自分を変える法 (知的生きかた文庫)
アンソニー・ロビンズ 本田 健

三笠書房 2012-05-23
売り上げランキング : 7587

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

「アウトプット・リーディング」(小林亮介) 

「アウトプット・リーディング」を読みました。
副題が「本から学んだことを血肉化する 新・読書テクニック!」とあり、ツイッターが最強のアウトプットツール、という内容でした。

仕事が忙しくてこなしきれない⇒勉強する暇がない⇒ますます忙しく余裕がなくなる、という負のスパイラルから、読書することにより脱却したという著者。ビジネス書を読み込むことにより、仕事を効率的にこなすことができるようになり、時間の余裕が生まれる、という上昇スパイラルができたといいます。

効率的な読書とは「インプット」の前に「アウトプット」を考えること。
ツイッターによるアウトプットがおすすめ。
スマホがあればいつでもアクセスできるという利便性と、140文字という文字数制限がお手軽。
他者からの意見ももらいやすい、チャンスがあれば著者ともつながれる、というメリットもあります。
ということで本の感想をツイッターでツイートする方法について丁寧に説明してある本でした。
長文を書きたいときはブログ、と使い分ければいいとのこと。

電子書籍のことがあまり書いていないと思ったら2010年の出版でした。
いまならkindleで読める本がたくさんありますから、読書の方法もだいぶ変わってきたように思います。

アウトプット・リーディングアウトプット・リーディング
小林 亮介

マガジンハウス 2010-10-21
売り上げランキング : 955607

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村