「30日間片づけプログラム」(吉川 永里子 ) 

今日で2017年も終わり。
本来なら年末の大掃除をしたいところですが、今日も仕事が入ってしまったので、軽いお掃除と、買い出しで終わった一日でした。

「30日間片づけプログラム」という本を見つけたので、読んでみました。

片づけの本はこれまでにもいろいろ読んでいたので、目新しい手法はあまり載っていなかったです。
これを始めて読むなら、いろいろ役立つところもあるかも、と思います。

30日間、という題のもと、どういうスケジュールが載っているのかな、と思いましたが、一日ごとの作業の分量に差がありすぎます。
たとえばDay2は、「カジュアル服は3年着たらもう十分」ですが、カジュアル服を全部整理すると結構時間かかると思うのですが、
Day10では、「コンビニやスーパーでは割箸、ストロー、スプーンをもらわない」のように、家ですることは何もない、という日もあります。

「どうしても捨てられないときは2択で考える」というのは、ちょっと面白い発想でした。
残す数を決めたら、2個ずつ手に取って、残す方を決めていく。勝ち抜き戦の要領ですね。

30日間片づけプログラム (SAKURA MOOK)30日間片づけプログラム (SAKURA MOOK)
吉川 永里子

笠倉出版社 2016-03-04
売り上げランキング : 14130

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


片づけの本は、いろいろ読みましたが、こんまりさんの本がベストですね。

人生がときめく片づけの魔法
人生がときめく片づけの魔法近藤麻理恵

サンマーク出版 2010-12-27
売り上げランキング : 402

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
人生がときめく片づけの魔法2 イラストでときめく片づけの魔法 毎日がときめく片づけの魔法 マンガで読む人生がときめく片づけの魔法

↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

「問題解決フレームワーク大全」(堀公俊) 

先日、堀公俊氏のファシリテーションの講座に参加したのですが、スライドを撮影しようとしたら、「写真撮らなくていいです。この本に全部書いてありますから」と言って、紹介されたのが、こちら「問題解決フレームワーク大全」です。

さっそく購入して読んでみました。
「フレームワーク大全」という名前の通り、たくさんのフレームワークが紹介されています。
すでに知っているものも多かったのですが、こうやってまとめてあると、どれを使おうか、と探すときに便利ですね。
それぞれについて参考文献もついているので、この本を読み返してみよう、とか、今度読んでみよう、という本も増えました。

何回も読み返して使うことになりそうです。

問題解決フレームワーク大全問題解決フレームワーク大全
堀 公俊

日本経済新聞出版社 2015-08-04
売り上げランキング : 154446

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


これは前に買った本。途中までしか読んでいないかも。
なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践
ロバート・キーガン リサ・ラスコウ・レイヒー 池村千秋

英治出版 2013-10-24
売り上げランキング : 3187

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「ワールドワーク」というのは初めて聞きました。
紛争の心理学―融合の炎のワーク (講談社現代新書)紛争の心理学―融合の炎のワーク (講談社現代新書)
アーノルド ミンデル 永沢 哲

講談社 2001-09
売り上げランキング : 131088

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これも面白そうです。


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村




「教場0: 刑事指導官・風間公親」(長岡 弘樹) 

「教場0: 刑事指導官・風間公親」を読みました。
「教場」「教場2」では、警察学校が舞台でしたが、こちらはキャリア3か月目の刑事が入門者として選ばれ、本部捜査一課で指導官の風間の下につき、実際に起きた殺人事件を捜査する、というOJT方式です。

各章で、違う刑事たちが風間教官のもとで、異動願いを突き付けられ追い詰められながら、容疑者の嘘や、動機を見抜いていきます。
それぞれの刑事たちの思い、連作短編なので、それほど深く書き分けられていなかったのが少し残念。でも、女性刑事たちが活躍している様子は気に入りました。

各章のタイトルの元ネタは「刑事コロンボ」だそうです。懐かしいですね。

教場0: 刑事指導官・風間公親教場0: 刑事指導官・風間公親
長岡 弘樹

小学館 2017-09-26
売り上げランキング : 7067

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

「騙し絵の牙」(塩田 武士 大泉 洋) 

塩田 武士 の「騙し絵の牙」を読みました。

主人公は廃刊の危機にある雑誌の編集長ですが、俳優の大泉洋にあて書きしたということで、表紙などにも写真が使われています。映像化されるのでしょうか?

塩田武士は、前作の「罪の声」がとても読み応えのある小説だったので、期待して読み始めましたのですが、出版業界の内情が延々と描かれていて、作家が出版業界のことを書くのは、取材しなくても自分のフィールドだから楽だよな、とか、お仕事小説としては「校閲ガール」や「重版出来!」や大崎梢の小説のほうが好きだな、などと思いながら読んでおりました。

エピローグまで読んで、途中で読むのをやめなくてよかった!というのが率直な感想。

騙し絵の牙騙し絵の牙
塩田 武士 大泉 洋

KADOKAWA 2017-08-31
売り上げランキング : 7108

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「罪の声」はグリコ森永事件を題材にした小説。この事件を調べることになった新聞記者と、犯人に声を使われた子ども、という二人の視点から事件の真相に、少しずつ迫っていく様子は圧巻でした。
おすすめの一冊です。

罪の声罪の声
塩田 武士

講談社 2016-08-03
売り上げランキング : 1061

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村

【コミック】「フラジャイル(9)(10)」 

「フラジャイル 病理医岸京一郎の所見」の新刊(10巻)が出ていたので早速購入。
読み始めて、あれ?9巻の続きになっているけれど、9巻は?となり、10巻を読む前に、9巻を読みなおしました。
これが正解で、9巻で描かれた、岸先生の過去の話(なぜ臨床医から病理医になったか)と、10巻の小児病棟の小児がんの患者の話がリンクしているのです。

岸先生と末期がんの少年ハル。この二人の関係すごくいいですね。
この二人の「嘘」をめぐる会話。
心に残ります。

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(9) (アフタヌーンコミックス)フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(9) (アフタヌーンコミックス)
草水敏 恵三朗

講談社 2017-07-21
売り上げランキング : 822

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(10) (アフタヌーンコミックス)フラジャイル 病理医岸京一郎の所見(10) (アフタヌーンコミックス)
草水敏 恵三朗

講談社 2017-11-22
売り上げランキング : 72

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓ブログランキング参加中。よかったらご協力をお願いします。 
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
にほんブログ村